@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ボク】

デジタル大辞泉

ぼく【×卜】
亀甲や獣骨を焼いて生じるひびの形により事の吉凶をうらなうこと。また一般に、うらなうこと。うらない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【卜】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ボク(慣) [訓]うらなう
亀(かめ)の甲を用いて吉凶を判断すること。一般に、うらない。うらなう。「卜辞卜占亀卜(きぼく)筮卜(ぜいぼく)売卜
選び定める。「卜居・卜宅」
[難読]卜部(うらべ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく【卜】
〘名〙 亀の甲や獣骨を焼いて生じるひび割れの形によって、将来の吉凶を判断すること。占って物事を選び定めること。占い。
※保元(1220頃か)下「亀の卜と易の卜との浅深を論じ給ひけり」 〔書経‐盤庚下〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐・する【卜】
〘他サ変〙 ぼく・す 〘他サ変〙
① うらなう。うらないさだめる。うらなってする。
※新儀式(963頃)四「或令神祇官卜其祟
※中華若木詩抄(1520頃)下「周易と云者は、あらかじめ、人の是非得失を、卜(ホク)する者也」
② 判断する。また、さだめる。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉二「其人民の喜悦する有様を見て地方の人心を卜す可らず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐・す【卜】
〘他サ変〙 ⇒ぼくする(卜)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation