@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卯建/梲【うだつ】

家とインテリアの用語がわかる辞典

うだつ【卯建/梲】
切妻屋根の妻側((むね)に直角に接する側面)の壁。特に、これを屋根より高いところまで延長して小さな屋根をつけたもの。おもに近畿地方町屋でみられた。家の格式象徴とされ、(かわら)や漆喰(しっくい)を施したものは、防火防風に役立った。
➁家屋の棟と梁(はり)の間に立てる束(つか)

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

卯建
中世からの日本家屋の造りの形式で、妻壁を屋根より一段高くして小さな屋根を付けたもの。建物の外に張り出しているので防風や防火の役目を果たし、また装飾も兼ねており、その家の象徴ともされていた。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

うだつ【卯建】
卯立,とも書く。古くはの上にたつ柱を意味した。室町時代以後は,民家の妻壁を大屋根面より一段高く突出させて小屋根をつけたものをもさす。《洛中洛外図屛風》にも多く描かれているが,ここにみる小屋根は草ぶきや板ぶきで,のちのものの多くが瓦ぶきであるのと異なっている。これは民家の屋根ふき材料が草ぶき,板ぶきから瓦ぶきへと変化してきたことと関係がある。〈うだつ〉は,富や格式の高さを象徴する一つの方法であり,〈うだつが上がらぬ〉はよい身分になれないことのたとえである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

う‐だち【卯建】
〘名〙 京阪地方などで、道路に面する連接家屋で、隣家との境につける卯字形の防火壁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卯建/梲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卯建/梲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation