@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

印度【インド】

デジタル大辞泉

インド(India)
アジア南部、インド半島の大部分を占める共和国。首都ニューデリー。北は中国ネパール、東はバングラデシュ、西はパキスタンに接する。住民の多くはヒンズー教カースト制度が残存する。農業のほか、資源にも恵まれ工業も成長している。インダス文明が栄えたのち、アーリア人がベーダ文化を形成、前3世紀ころアショカ王マウリヤ朝によって仏教興隆、10世紀にイスラム教徒が侵入、16世紀ムガル帝国アクバル帝により統一。18世紀初頭から英国が植民地化を進め、1858年直轄領となる。ヒンズー教徒を主とするインド連邦とイスラム教徒のパキスタンとに分かれて1947年独立。英連邦加盟国。人口11億7311万(2010)。バーラト
アジア大陸南部の地域名。インド半島全域とセイロン島をさす。現在ののほか、パキスタンネパールブータンバングラデシュスリランカなどの領域が含まれる。
[補説]「印度」とも書く。は、古く、日本や中国で天竺(てんじく)・身毒(しんどく)などと呼んだ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんど【印度】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

インド【印度】
India から。印度とも書かれる
アジア南部の連邦共和国。インド半島の大半を占める。二八州と中央政府の七直轄地から成る。住民の多くはヒンズー教徒。カーストが残存している。バラモン教・仏教・ヒンズー教の発祥地。インダス文明が栄えたのちアーリア人が侵入。紀元前四世紀のマウリヤ朝による統一以後も統一と分裂を繰り返し、イスラムも侵入。一六世紀末にムガル帝国が成立するが、1600年イギリスが東インド会社を設立し植民地化を進め1858年直轄領とした。1947年イスラム教徒の多いパキスタンとは別個に独立。連邦公用語はヒンディー語と英語。首都デリー。面積328万7千平方キロメートル。人口11億340万( 2005)。正称、インド。対内的にはバーラトを国名として用いる。
ヒマラヤ・カラコルム両山脈以南からインド半島部一帯の地域名。古く、日本・中国などから天竺てんじくと称された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

インド【印度】
(India 「印度」はあて字)
[一] アジア大陸南部、インド洋に突き出た逆三角形の大半島。広くはセイロン島を含めた地域名。地理的に一つのまとまりを形成し、半大陸として扱うこともある。インド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカの共和国とネパール、ブータンの王国がある。日本では古くは身毒、天竺などと呼んだ。
※教行信証(1224)二「印度西天之論家、中夏日域之高僧」 〔大唐西域記‐二〕
[二] 国名。インド半島部の大部分を占める。一九四七年、旧イギリス領インド帝国から分離独立して自治領となり、一九五〇年、インド共和国となった。首都ニューデリー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印度」の用語解説はコトバンクが提供しています。

印度の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation