@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

印肉【インニク】

デジタル大辞泉

いん‐にく【印肉】
印章を押すときに用いる、顔料を染み込ませたもの。もぐさやパンヤ・黒・青などの色を染み込ませ、ひまし油でのばしたもの。現在は、朱肉と同じ意味でいう場合が多い。にく。印泥

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いんにく【印肉】
印章を押すのに使う色料。中国では印色またはという。その起源は明らかでないが,漢時代ころには文書の封じ目に,ちょうどヨーロッパ封蠟のように一種粘土を使い,その泥に印を押した。これを封泥という。そのため後に朱印を使うようになってからでも,朱肉のことを印泥と呼ぶのである。隋・唐時代からは朱印で押した実物が現存しているが,ことに正倉院文書には8世紀の実物が多く残っている。このころの肉は〈水印〉といって油けのない水性の朱砂(辰砂しんしや))を使っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんにく【印肉】
判子を押すときに使う顔料をしみ込ませたもの。艾もぐさ・パンヤなどに、ひまし油・松脂まつやに・白蠟を混ぜて着色し、これを判子に付着させて押し写す。印泥。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

印肉
いんにく
印章や印鑑などに付着させて押し写すための色料。朱色が多いことから朱肉ともいう。落款(らっかん)用、公用などの高級朱肉は銀朱(硫化水銀)などを原料としているが、事務用などの一般朱肉には金属朱、代用朱などが用いられている。普通これらの原料にひまし油や繊維などを混ぜ、練り合わせてつくるが、繊維のかわりに朱油をパッドに浸透させたスポンジ朱肉もある。印肉は、中国南北朝時代に書画の落款に使われたのが最初で、日本へは仏教伝来とともに渡来し、奈良時代に官印として使われだした。一般に普及したのは明治以降、つまり署名捺印(なついん)をもって証(あかし)とする風習が定着してからのことである。現在、一般事務用朱肉として広く使われているスポンジ朱肉は、第二次世界大戦後に合成樹脂のスポンジ体が開発されてからで、簡便なため急激に普及した。[野沢松男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いん‐にく【印肉】
〘名〙 印をおす時に用いる、顔料をしみこませたもの。もぐさ、または、パンヤなどに、ひまし油、松脂、白蝋をまぜて、朱、黒、青などに着色したもの。にく。印色。
※蔭凉軒日録‐長祿三年(1459)一一月二七日「墨印印肉可改之由、以春阿仰出也」
※俳諧・物種集(1678)「息のかかりし実盛が首〈一夢〉 印にくの墨は流てうせにけり〈幸方〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

印肉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

印肉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation