@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

危険半円【キケンハンエン】

デジタル大辞泉

きけん‐はんえん〔‐ハンヱン〕【危険半円】
熱帯低気圧の経路に沿って、北半球では進行方向の右側、南半球では左側の半円可航半円よりも風が強く、船は低気圧の前方に流されるので危険。→可航半円

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きけんはんえん【危険半円 dangerous semicircle】
台風などの熱帯低気圧の進行方向の右側(南半球では左側)の半円(領域)を呼んだ。進行方向と風の方向が重なって風が強く,また船舶などは台風の前方に流されて中心に接近しやすくなり,しかも長く暴風にさらされる。反対側は可航半円navigable semicircleと呼んだ。【近藤 洋輝】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

危険半円
きけんはんえん

北半球では、台風や発達した低気圧の進行方向に対して右側の半円(南半球では左側)のこと。中心に吹き込む風と、台風や発達した低気圧自身の動きによる風が相互に加えられるため風がとくに強くなり、航海には危険なのでこのようによばれる。危険半円にいる船舶が避難のため中心から遠ざかろうとするときには、向かい風を受けることになるので、向かい風半円ともよばれる。このため危険半円からの脱出には(帆船の場合はとくに)困難が伴う。

[饒村 曜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きけん‐はんえん ‥ハンヱン【危険半円】
〘名〙 進行中の熱帯性低気圧で、特に強い風の吹く半円をなす範囲。北半球では進行方向の右側、南半球では左側にあたる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

危険半円」の用語解説はコトバンクが提供しています。

危険半円の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation