@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卵子【らんし】

世界大百科事典 第2版

らんし【卵子】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

らんし【卵子】
らんに同じ。精子に対して用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ご かひ‥【卵子】
〘名〙 (「殻(かい)子」の意)
① たまご。かい。
※万葉(8C後)九・一七五五「鶯(うぐひす)の 生卵(かひご)の中に ほととぎす 独り生れて」
※十巻本和名抄(934頃)七「卵 陸詞曰卵〈音嬾加比古〉鳥胎也」
② たまごなどの殻(から)
※霊異記(810‐824)下「肉団(ししむら)の穀(カヒコ)開きて、女子(をみな)を生めり。〈真福寺本訓釈 穀 可比古〉」
[語誌](1)中世末以降、「日葡辞書」の「かえる(孵)」の項の例文「Caigo(カイゴ)、または、tamagoga(タマゴガ) カエッタ」という記載や、また、「延宝八年合類節用集‐五」の「卵子」の「カイゴ」「タマゴ」の二様の訓、「和漢三才図会‐四四」の「卵」の「かひご」「たまこ」二様の傍訓等から両語の併用状況がうかがわれるが、「かひご」はやがて雅語の領域に転じていったものと思われる。
(2)なお、「蚕」も「かひこ」であるが、「卵(かひこ)」は、「観智院本名義抄」「日葡辞書」で「こ」を濁り、かつ「観智院本名義抄」でアクセントを異にする。「かひ」は、「蚕」では養う、「卵」では殻または貝と、語源を異にするとみられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

らん‐し【卵子】
〘名〙
※九暦‐逸文・天暦一〇年(956)正月一三日「西方加募小鮎、東方卵子」
② =らん(卵)①〔医語類聚(1872)〕
③ 胚珠(はいしゅ)のこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

らん‐し【卵子】
卵(らん)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

卵子
 →

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

卵子
らんし
卵細胞」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

卵子
らんし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

卵子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卵子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation