@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

卸売業【おろしうりぎょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

卸売業
おろしうりぎょう
wholesale business
商品流通部門の重要な機能分野で,消費者に直接商品を販売する小売業以外の物品販売業をいう。生産者と小売業者,生産者と卸売業者,小売業者と卸売業者同士など複雑な取引関係にあるので,その形態や機能もさまざまであるが,一般的には需給の安定,価格の決定,金融の円滑化などの役割を果すものとされている。日本の卸売業の売上高は経済成長につれてめざましく伸びてきたが,労働力の不足や流通経路短縮化の要請,あるいは資本の流動的な動きによって業態そのものはめまぐるしく変化している。基本的には大型化,総合化,2次卸など中規模卸売業の減少,物的流通と商的取引 (取引流通) の分離,生産者資本の流入などの方向に激しく動いている。また情報化の進展を背景としてメーカー,卸売業,小売業および物流業の間の情報ネットワークが構築されつつあり,卸売業の業務内容が変質してきている。その中で商品販売企画 (マーチャンダイジング) 機能の重要性が高まり,中堅有力企業と中小企業との格差が広がってきている。 (→製品計画 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おろしうり‐ぎょう〔‐ゲフ〕【卸売業】
他者から購入した商品を、性質形状を変えずに、他の事業者に販売する事業。また、その事業者。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

卸売業
メーカーと小売業者との中間に介在し、商品の流通活動を担当する再販売業者で、中間卸売業、中間業者、卸問屋などとも呼ばれる。商品の保管配送といった物的流通だけでなく、情報や金融などの商的流通においても重要な役割を果たしている。一方で、一次卸、二次卸といわれるように、流通経路が長く複雑であるという批判も強く、流通経路の合理化近代化が議論される際には、卸売業不要といった極端な意見が出されることもある。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おろしうりぎょう【卸売業】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

卸売業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卸売業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation