@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【きょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


きょう
明治2 (1869) 年7月8日の職員令制定により,中央には神祇官太政官,民部,大蔵,兵部,刑部宮内外務の「二官六省」が設けられたが,その各省長官にあたる官職を卿とした。相当位は正三位。数次の官制改革に伴い諸省は合併改廃を経たが,各省長官である卿の名称は,1885年 12月 22日の太政官達 69号による内閣制度発足とともに官制から姿を消した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう〔キヤウ〕【×卿】
[名]
律令制で、八省の長官。
大納言中納言三位以上の人と四位参議をいう敬称。公卿
明治の太政官制で、各省の長官。
[接尾]英国で、爵位を持つ人の氏名に付ける尊称。SirやLordの訳語。「リットン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【×卿】
[名]
大納言中納言・三位以上および四位の参議の人。きょう。
中国代、天子諸侯臣下最上位の身分
[代]二人称の人代名詞。
男子が同輩などを、軽い敬意をこめて呼ぶ語。
「余は―を一廉(ひとかど)の店の主人にもなさばやと思い居たれど」〈蘆花自然と人生
君主が親しみを込めて臣下に呼びかける語。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【卿】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ケイ(漢) キョウ(キャウ)(呉) [訓]かみ
〈ケイ〉
政治を行う重臣。大臣。「卿相(けいしょう)九卿上卿(しょうけい)
古代中国で、身分の高い階級。貴族。「卿大夫(けいたいふ)
同輩を呼ぶ敬称。「諸卿」
〈キョウ〉
1に同じ。「公卿(くぎょう)大蔵卿(おおくらきょう)
爵位の一。サー。「ニュートン卿」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けい【卿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょう【卿】
[1]
律令制で、八省の長官。また、明治の太政官制の各省の長官。
大納言だいなごん・中納言・参議以上の官、三位さんみ以上の位の人。けい。大臣を公というのに対していう。
(代名詞的に用いて)相手の貴人を敬っていう。あなたさま。
接尾
人名に付いて、イギリスなどでの爵位をもつ人に対する敬称として用いられる。 ウインストン-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【卿】
[1]
きょう(卿)に同じ。
中国周代、天子・諸侯の臣下の身分で、その最上位。→ 卿大夫士けいたいふし
政治の要職にある大臣。長官。公卿こうけい・六卿りくけいなど。
二人称。改まった文章などで軽い敬意をこめて用いる語。
君主が臣下に対して用いる。
男性が同輩以下に対して用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう キャウ【卿】
[1] 〘名〙
① 令制での八省の長官(かみ)。また、明治の太政官制で、各省の長官をいった。
※令義解(718)獄「右大臣以上。及八省卿。諸司長。並為長官
② 公卿(くぎょう)。三位(さんみ)、参議以上の公家(くげ)。上級の貴族。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月癸未「太政官処分。唱考之日。三位称卿。四位称姓。五位先名後姓。自今以去。永為恒例
④ 代名詞的に用いて、貴人を敬っていう。また、一般に相手を尊んで呼ぶことば。あなた。御身(おんみ)
[2] 〘接尾〙 (Lord または Sir の訳語) 英国で、爵位をもつ人の名に付ける尊称。「ウィンストン=チャーチル卿」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【卿】
[1] 〘名〙
① 古代中国における世襲的身分の一つ。天子や諸侯の有力家臣を卿・太夫・士の三等に分けるそのもっとも上位の身分。爵(しゃく)。〔礼記‐王制〕
[2] 〘代名〙 対称。改まった文章などで、軽い敬意をこめて用いる。
① 君主が臣下に対して用いる。
※日本外史(1827)一六「吾今日以天下卿」
② 男子が同輩や目下の者、妻に対して用いる。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一「卿(ケイ)が朱唇を一嘗するを得ば」 〔古詩‐為焦仲卿妻作詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


けい
周代,家臣団の最上の身分
大夫・の上にあり,ともに支配階級を構成した。二人称代名詞として用いられることもある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

卿の関連情報

関連キーワード

藩学一覧女性参政権チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ガルシア・モレノ実業之日本天塩国ハドソン湾プティパパーレットハウスホーファー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation