@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

厚狭【あさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

厚狭
あさ
山口県南西部の盆地にある山陽小野田市東部の旧町域。 1956年埴生町と合体して山陽町となり,2005年小野田市と合体して山陽小野田市となった。厚狭川の中流域にあり,古代長門の政治の一中心地。その後山陽道 (国道2号線) に沿う市場町として栄えた。 JR山陽本線厚狭駅から美祢線が分岐する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あさ【厚狭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

厚狭
あさ
山口県南西部、山陽小野田市の一地区。旧厚狭町は1956年(昭和31)に山陽町となり、山陽町は2005年(平成17)小野田市と合併して山陽小野田市となった。厚狭盆地は広く条里遺構が残り、古代の厚狭郷の地。近世の山陽道の宿駅、市場(いちば)町として発達した。赤間硯(すずり)原石の産地。JR山陽本線と美袮(みね)線が分かれる交通の要地でもある。1999年には山陽新幹線厚狭駅が開業した。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厚狭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

厚狭の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation