@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

厚生省【こうせいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

厚生省
こうせいしょう
社会福祉社会保障および公衆衛生の向上・増進をはかることを任務とした国の行政機関国家行政組織法および厚生省設置法による。国民の保健,薬事麻薬大麻の取り締まり,社会福祉事業,災害救助その他国民生活の保護指導,児童,母性の福祉の増進,社会保険国民年金,人口問題,引揚援護戦傷病者,戦没者遺族,未帰還者留守家族の援護などに関する事務,事業を司る。1938年に内務省から分離独立し,第2次世界大戦後の大幅な機構改革で労働省を分離。厚生大臣を長とし,内部部局として大臣官房(→官房)と健康政策局,保健医療局,生活衛生局,薬務局,社会局,児童家庭局,保険局,年金局,援護局の 9局,外局として社会保険庁(→日本年金機構)が置かれたほか,地方支分部局として地方医務局と地区麻薬取締官事務所,公衆衛生審議会,中央薬事審議会,社会保険審査会などの審議会施設等機関として検疫所,国立病院,国立療養所などが設置された。2001年1月中央省庁再編により労働省と統合され厚生労働省となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうせい‐しょう〔‐シヤウ〕【厚生省】
社会福祉社会保障および公衆衛生の向上・増進を図ることを任務とし、国民の保健・薬事、麻薬などの取り締まり、社会事業、災害救助、児童母性の福祉増進、社会保険国民年金などの行政事務を担当した国の行政機関。平成13年(2001)労働省と統合されて厚生労働省改組

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうせいしょう【厚生省】
社会的弱者のための社会福祉,年金・医療保険等の社会保障および公衆衛生水準の維持向上等を任務とする行政機関。旧内務省(1873設置)の社会局および衛生局の業務を分離・独立させて1938年1月設置された。当初,労働行政をも担当していたが,この部分は47年9月に労働省として分離・独立した。 その内部組織は大臣官房,健康政策局,保健医療局,生活衛生局,薬務局,社会・援護局,老人保健福祉局,児童家庭局,保険局,年金局からなっており,これに加えて外局として社会保険庁がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうせいしょう【厚生省】
社会福祉・社会保障・公衆衛生の向上増進を任務とした国の行政機関。1938年(昭和13)発足。当初は労働行政をも担当した。外局に社会保険庁、付属機関に国立病院・療養所などが置かれた。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、厚生労働省に移行。 → 厚生労働省

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

厚生省
こうせいしょう
国家行政組織法に基づき、厚生省設置法によって設置された国の行政機関。1938年(昭和13)に設置され、2001年(平成13)の中央省庁再編により、労働省とともに厚生労働省に統合された。
 厚生省は、社会福祉・社会保障および公衆衛生の向上・増進に関する国の行政を担当し、総じて、国民の生活権や生存権(憲法25条)の保障と実現にかかわる重要な行政機関の一つであった。このような任務の具体的内容は、国民の保健、薬事ならびに麻薬および大麻の取締り、社会事業・災害救助その他国民生活の保護指導、児童および母性の福祉の増進、社会保険に関する事務・事業(ただし労働省の所管に属するものを除く)、国民年金に関する事務・事業、人口問題に関する事務、となっており、加えて、引揚援護、戦傷病者・戦没者遺族・未帰還者留守家族等の援護、および、旧陸海軍関係者の復員などの残務整理などであった。
 内部部局として、大臣官房のほか、健康政策局、保健医療局、生活衛生局、医薬安全局、社会・援護局、老人保健福祉局、児童家庭局、保険局、年金局が置かれ、施設等機関として、社会保障・人口問題研究所、国立感染症研究所、検疫所、国立病院、国立療養所、国立がんセンター(現、国立がん研究センター)、国立医薬品食品衛生研究所などが置かれ、さらに審議会等として、中央社会保険医療協議会、社会保険審査会、中央社会福祉審議会、中央薬事審議会などが設置されていた。なお、地方支分部局として、地方医務局(7か所)および地区麻薬取締官事務所(8か所)が、また外局として社会保険庁があった。
 2001年以降、中央省庁再編により、厚生省の組織は次のように再編された。内部部局に関しては、大臣官房の有する機能のほとんどが、厚生労働省の大臣官房に引き継がれたが、その一部は、厚生労働省の内部部局である政策統括官に引き継がれ、社会・援護局、保険局、年金局については、厚生労働省の内部部局としてそのまま引き継がれ、健康政策局、保健医療局、医薬安全局、老人保健福祉局は、厚生労働省の内部部局である医政局、健康局、医薬局、および老健局にそれぞれ引き継がれ、生活衛生局については、廃棄物行政に関するものは環境省に、それ以外のものについては、厚生労働省の内部部局である健康局、医薬局に引き継がれた。また、児童家庭局については、労働省の女性局と統合され、厚生労働省の雇用均等・児童家庭局に引き継がれた。施設等機関に関しては、国立病院、国立療養所等については、厚生労働省の施設等機関にそのまま引き継がれ、審議会等に関しては、中央社会福祉審議会は、中央児童福祉審議会などとともに、厚生労働省の審議会等である社会保障審議会に、中央薬事審議会は、食品衛生調査会とともに厚生労働省の薬事・食品衛生審議会に引き継がれたが、中央社会保険医療協議会や社会保険審査会は、そのまま厚生労働省の審議会等として従来の機能を引き継いだ。また社会保険庁に関しては、厚生労働省の外局として置かれ、従来の機能を引き継いだ。[福家俊朗・山田健吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうせい‐しょう ‥シャウ【厚生省】
〘名〙 社会福祉、社会保障および公衆衛生の向上・増進を任務として、昭和一三年(一九三八)内務省から分離独立して発足した国の行政機関。平成一三年(二〇〇一)労働省と統合されて厚生労働省に改組。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厚生省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

厚生省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation