@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原人類【げんじんるい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原人類
げんじんるい
Archanthropic man
ヒト属の進化の最初の段階。ピテカントロプスシナントロプスなどのホモ・エレクトゥスHomo erectus をさす。かつては猿人ということばとも同義であったが,アウストラロピテクス類が発見されヒトの祖先として認められるようになると,猿人ということばの内容も変化し,猿人はアウストラロピテクス類をさすようになった。原人類と考えられる人類化石のおもなものは,中国のシナントロプス,藍田原人,ジャワのピテカントロプス,メガントロプス,南アフリカのテラントロプス,東アフリカのシェール人,北アフリカのアトラントロプス,ドイツのハイデルベルク人などである。いずれも脳容量は 1000cm3前後,眼窩上隆起は著しく発達し,顎も頑丈である。四肢骨は発見例が少ないが,現生人類に似ていて完全な直立二足歩行が可能であった。約 170万~20万年前の更新世前・中期に属し,石核石器を中心とした文化(アシュール文化,周口店文化など)をもち,火を使った痕跡が認められる。おそらく言語を使ったと思われ,ヒトとしての特徴をほぼ完全に備えているために,ヒト属に含めるのが定説である。(→化石人類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原人類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原人類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation