@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原告【げんこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原告
げんこく
plaintiff; Kläger
民事訴訟および行政事件訴訟においてその名で裁判所に対して訴えを提起した呼称

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐こく【原告】
民事訴訟行政事件訴訟において、裁判所に訴えを提起したほうの当事者第一審における呼び名。⇔被告

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんこく【原告】
民事訴訟(行政訴訟を含む)において,訴えを提起したの当事者を指す。相手方被告であり,原告・被告の間の訴訟に加わってくる者は訴訟参加人(訴訟参加)と呼ばれる。上訴,すなわち控訴,上告を提起する当事者は,それぞれ控訴人,上告人と呼ばれるが,これは原告と同一人とは限らない。原告が勝訴して,敗訴した被告が上訴した場合,上訴では原告が被控訴人・被上告人となるわけである。誰が原告になり得るか(原告適格)は,とくに行政事件において争われることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

原告
げんこく

民事訴訟および行政訴訟において、裁判所に自己の名において訴えを提起し判決を求める者をいう。原告によって訴訟の相手方とされた者を被告といい、両者をあわせて訴訟当事者または単に当事者という。古くは、当事者は訴訟の対象である権利義務の主体であるとされていたが、権利義務の主体以外の者が当事者となることの説明が困難である等のために、現在では単に訴えた者が原告、訴えられた者が被告とされている。だれが原告、被告であるかは、原則として訴状の記載に基づいて確定される。

[髙木敬一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐こく【原告】
〘名〙 訴訟を起こした者。民事・行政の訴訟で、訴えを提起し、裁判を求めるほうの当事者。原告人。⇔被告
※上木自由之論(1873)〈小幡篤次郎訳〉「蓋(けだ)し其国は自由政体の唱あれども、国憲中に曲を蒙る者、裁判所に出て原告するの権利を掲載せざるを以て」 〔説文‐曹段注〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation