@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原善三郎【はら ぜんざぶろう】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

原善三郎 はら-ぜんざぶろう
1827-1899 江戸後期-明治時代の実業家,政治家。
文政10年4月28日生まれ。文久2年(1862)横浜で生糸売込問屋亀屋を開業。明治6年第二国立銀行初代頭取となり,横浜商法会議所初代会頭,横浜市会初代議長などをつとめた。25年衆議院議員(当選3回),30年貴族院議員。明治32年2月6日死去。73歳。武蔵(むさし)児玉郡(埼玉県)出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原善三郎
はらぜんざぶろう
(1827―1899)
横浜財界の指導者の1人。茂木惣兵衛(そうべえ)と並ぶ有力生糸売込商。武蔵(むさし)国渡瀬村(埼玉県)の豪農(醸造業、問屋、質屋を兼営)の出身。1862年(文久2)横浜に店舗(屋号・亀屋)を構え、生糸売込業を営む。急速に取引を拡大し、90年代には、古河、安田に匹敵する所得に達した。73年(明治6)には横浜生糸改会社社長、第二国立銀行初代頭取に就任。81年横浜商法会議所会頭、86年横浜蚕糸売込業組合初代頭取、89年横浜市の初代市会議長を歴任した。また92年に衆議院議員、95年には貴族院多額納税議員に互選された。著書に『生糸貿易論』(1898)がある。[西村はつ]
『野沢枕城著『原善三郎伝』(『横浜どんたく 下』所収・1973・有隣堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原善三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原善三郎の関連情報

関連キーワード

リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ[各個指定]芸能部門カニングアーベルカニングシュトラウスソル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation