@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原始仏教【げんしぶっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原始仏教
げんしぶっきょう
後代に展開した部派仏教大乗仏教に対して,未分化初期仏教をいう。あるいはまた,釈尊およびその直弟子の仏教の思想信仰に対する呼称に限ることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんし‐ぶっきょう〔‐ブツケウ〕【原始仏教】
釈迦の在世時代から直弟子たちの時代までの仏教。各部に分裂する以前の、初期の仏教。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんしぶっきょう【原始仏教】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

原始仏教
げんしぶっきょう

ゴータマ・ブッダ(釈迦(しゃか))時代からアショカ王(在位前268~前232)ごろまでの仏教。初期仏教ともいう。ブッダの年代論に約100年の差をもつ2説があるため、それは約150年間とも、約250年間とも数えられる。原始仏教資料といわれるものは新旧さまざまなものからなり、すべてを仏説に帰することはできないが、仏滅直後のいわゆる第一結集(けつじゅう)において仏説の中核が確認、編集され、それが口伝(くでん)の間に増広や付加や再編集などを経て、やがていわゆる五部四阿含(あごん)の経蔵と律蔵が成立する。厳密な意味での仏説はすべてこのなかに収められて、それ以外にはない。それ以前に九部経、十二部経があったと推察されるが、名称のみ残っていて実質は現存しない。この時代はほぼ仏説をそのまま遵奉して、教団の結束を固め、しだいに中インド一帯から全インドに拡大したが、そのなかにやがて保守と進歩の2派の分裂がおこり、仏教は次の部派仏教へと進んだ。

[三枝充悳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんし‐ぶっきょう ‥ブッケウ【原始仏教】
〘名〙 いろいろな派に分裂しはじめる以前の初期の仏教。つまり釈迦の在世時代からその弟子たちまでの時代の教理、教団の活動をいう。仏教経典は仏滅後に書き留められたものであるが、阿含(あごん)経と総称されるそれらの経典には釈迦、また弟子たちの言葉と思われる、古い原型的なものがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

原始仏教
げんしぶっきょう
仏教

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原始仏教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原始仏教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation