@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原子価結合法【げんしかけつごうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原子価結合法
げんしかけつごうほう
valence bond method
原子軌道関数法,または略して VB法ともいう。量子力学的に共有結合エネルギーを求めるための近似計算法の1つ。 1927年 W.ハイトラー,F.ロンドンにより水素分子のエネルギー計算に初めて適用された。分子量子力学の取扱いにはこのほかに分子軌道法 (MO法) がある。分子の電子状態を示す波動関数を組立てるのに,原子価結合法ではまず個々の原子を出発点として,次に原子間相互作用を考えるのに対し,分子軌道法は結合している原子核全体に分布する軌道を考えるところにその特徴がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんしかけつごうほう【原子価結合法 valence bond method】
化学結合の機構を説明するための理論の一つ。原子内にあって化学結合にあずかる電子は価電子といわれるが,一般に原子または分子内の電子の挙動粒子性と波動性の二つの性質をもっている。電子のこのような波動性は波動関数によって説明される。1927年,ハイトラーWalter Heitler(1904‐81)とロンドンFritz London(1900‐54)は,波動関数を用いて水素分子の結合機構を明らかにした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

原子価結合法
ゲンシカケツゴウホウ
valence-bond method

分子の電子状態を表す近似法の一つ.原子軌道(関数)法,または略称してVB法ともいう.ハイトラー-ロンドンの理論がその基礎になっている.すなわち,この理論での特徴は,それぞれ1個の価電子を有する2個の原子が,結合(電子対結合)をつくって分子を形成するときは,価電子は原子に属しているときの状態を保ちながら相互作用を及ぼしあい,かつ交換しあって安定な状態になる,と考えるところにある.この考えを多原子分子の状態を論じる場合に拡張したものが原子価結合法である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子価結合法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原子価結合法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation