@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原子力保険【げんしりょくほけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原子力保険
げんしりょくほけん
nuclear risk insurance
原子力関係の事故による損害を填補するための保険の総称で,新種保険の一種。日本では原子力損害賠償責任保険 nuclear energy liability insuranceと原子力財産保険 nuclear energy property insuranceがある。前者は原子力損害の賠償に関する法律 (昭和 36年法律 147号) に基づいて,原子炉の運転を行う原子力事業者に義務づけられた強制保険である。この保険は原子炉の操業に伴って発生した原子力災害により第三者に与えた身体傷害または財産的損害 (原子炉の破壊や放射性廃棄物の放出によって,人体に対して与えた放射能による各種傷害,大気や地下水の汚染,住宅などが放射能を帯びて使用不能となったり,家畜の死亡など) について負担する賠償責任を填補する。そして原子力施設において発生した事故の賠償責任を填補する原子力施設賠償責任保険,核燃料の輸送中の事故に対する原子力輸送賠償責任保険,原子力船の運航に伴う原子力災害の賠償責任を填補する原子力船運航者賠償責任保険で構成されている。後者は原子力事業者が所有する原子力施設について,原子力危険および火災,爆発などの危険による物的損害を填補する保険である。なお原子力保険は保険金額がきわめて巨額となることが多く,かつ未知の危険を含むため,日本の全損害保険会社といくつかの在日外国損害保険会社とが原子力保険プールを組織し,引受能力の拡大と危険の分散をはかりつつ,共同で引受けを行なっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんしりょくほけん【原子力保険】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

原子力保険
げんしりょくほけん

原子力施設などに事故が起これば、これによるいわゆる原子力災害は広大な地域に及び、損害も巨額に達するところから、法律(原子力損害の賠償に関する法律)をもって原子力事業者に原則として責任を集中し、これに無過失責任を課し、原子力災害に対する損害賠償の措置を講ずることを要求している。そこで原子力災害による被害者の保護と原子力事業の健全な発達を図るために設けられたのが原子力保険であり、保険会社による日本原子力保険プールが会員会社の元受けおよび再保険の事務を一括して処理し、国際的な再保険の交換により、巨大な危険を分散消化している。

 原子力保険には、法律の要請によって発売された原子力損害賠償責任保険と、原子力施設の所有者利益等を担保する原子力財産保険とがある。前者は原子力事業者の加入が義務づけられているもので、原子力施設において発生した事故による損害賠償責任の負担を担保する原子力施設賠償責任保険、核燃料物質等の輸送中に生じた原子力災害による損害賠償責任の負担を担保する原子力輸送賠償責任保険、原子力船の運航に伴って発生した原子力災害による損害賠償責任の負担を担保する原子力船運航者賠償責任保険の3種類がある。

[金子卓治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力保険」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原子力保険の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation