@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原子力規制委員会【げんしりょくきせいいいんかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原子力規制委員会
げんしりょくきせいいいんかい
Nuclear Regulatory Commission; NRC
アメリカ合衆国内における核物質の民生利用を監督する独立の規制機関。ジェラルド・R.フォード政権下の 1974年,アメリカ原子力委員会 AECが二分されたことに伴い設立。AECは廃止された。AECの業務のうち,民生用の核物質や核施設が安全に使用され,公衆の健康や環境に悪影響を及ぼさないように監督する任務を引き継いだ。アメリカ国内に多数存在する商用原子炉を監督の対象とし,新規の原子炉に建設認可を与え,操業中も継続して規制にあたる。おもな任務は,核物質の利用,処理,取り扱い,廃棄等の監督,原子力発電所の視察および安全手順,安全対策の監視,安全基準の遵守徹底,事故発生時の調査など。委員は大統領によって任命される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力規制委員会
げんしりょくきせいいいんかい
原子力利用における安全を確保するための規制を担う国の行政組織。2012年,環境省外局として発足し,事務局として原子力規制庁が設置された。原子炉や核燃料物質などの使用に関する安全規制,事故発生時の対応,緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム SPEEDIの運用を含む環境モニタリングの司令塔機能などを一元的に担う。2011年の福島第一原子力発電所事故により,原子力利用における縦割り行政の弊害に加え,原子力利用の推進と規制という相反する機能をともに経済産業省が担う矛盾露呈。こうした問題を解消するため,経済産業省の原子力安全・保安院内閣府原子力安全委員会,および文部科学省,国土交通省に分散していた原子力安全行政を一元化した。内閣総理大臣が任命する委員長および 4人の委員で構成され,任期は 5年。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

原子力規制委員会
原子力利用における安全の確保を図るため必要な施策を策定し、これらを実施する事務を一元的につかさどる行政機関。2012年に公布された原子力規制委員会設置法により、同年9月に発足した。環境省の外局であり、専門的知見に基づいて中立公正な立場で独立して職権を行使するものとして設置。同委員会の事務局として原子力規制庁が置かれた。
同委員会、同庁の前身である「原子力安全・保安院」は、エネルギー政策を推進する立場の資源エネルギー庁(経済産業省の外局)の機関だった。このため、11年3月の福島第一原子力発電所事故に際して、同院は原子力利用を推進する前提での規制しかできていなかったのではないかとの批判がなされた。また、このほか内閣府の原子力安全委員会や文部科学省原子力安全課などの機関が、それぞれ異なる立場で原子力行政に関わっていた。これらのことから、縦割り行政の弊害を除去すること、また1つの行政組織が推進と規制の両方の機能を担うことにより生ずる問題を解消することが課題となった。このなかで、原子力基本法の見直しが行われ、原子力の安全確保に関する規制の一元化をはかる、独立性の高い機関として原子力規制委員会・原子力規制庁が設置された。委員長及び委員は、人格が高潔であって、原子力利用における安全の確保に関して専門的知識及び経験ならびに高い識見を有する者のうちから、衆参両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命する。また原子力産業に携わる業者、役員・使用人その他の従業員は、これに就任できない。原子力規制委員会委員長には田中俊一日本原子力学会元会長、原子力規制庁長官には池田克彦元警視総監がそれぞれ初代として就任した。福島原発事故では情報発信のありかたも問題となったため、原子力規制委員会では議事や資料、議事録などを原則として公開する、新聞・テレビだけでなくインターネットメディアやフリーランスの記者にも控室を用意し、委員長の記者会見はインターネットで中継するなど情報公開を進めていくとしている。
(金谷俊秀  ライター / 2012年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

原子力規制委員会
東京電力福島第一原発の事故を受け、新たに原発の安全規制を担う国の機関として昨年9月に発足した。原子力推進の経済産業省から原子力安全・保安院を切り離し、内閣府原子力安全委員会と統合した。環境省の外局で、公正取引委員会と同じ国家行政組織法3条に基づく「3条委員会」として独立性を担保。委員5人は原子力工学や地震などの専門家で構成する。委員長は原子力委員会委員長代理などを務めた田中俊一氏。
(2013-07-09 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

げんしりょくきせい‐いいんかい〔‐ヰヰンクワイ〕【原子力規制委員会】
原子力の安全規制を一元的に行う日本の行政機関。平成24年(2012)9月に環境省の外局として設置。原子力施設核燃料核原料物質の使用に関する規制のほか、核不拡散のための保障措置、核物質防護などの事務を所掌する。同委員会の発足に伴い原子力安全委員会原子力安全・保安院は廃止され、事務局として原子力規制庁が設置された。NRA(Nuclear Regulation Authority)。
エヌ‐アール‐シー(NRC)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子力規制委員会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原子力規制委員会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation