@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原子核の結合エネルギー【げんしかくのけつごうエネルギー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原子核の結合エネルギー
げんしかくのけつごうエネルギー
binding energy of nucleus
原子核を構成する陽子および中性子を完全に個々に分離するのに必要なエネルギー。結合エネルギー W0 は一般に質量数 A とともに増大する。質量数あたりの結合エネルギー W0/AA とともに急に増加し,A =56~60で最大値 8.8MeVに達するが,その後 A が約 150までは徐々に減少し,約 8.5MeVとなる。その後の減り方はやや大きく,ウラン 238で約 7.6MeVである。結合エネルギーは,質量欠損 ×c2 (c は真空中の光速度) に等しい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子核の結合エネルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原子核の結合エネルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation