@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原子番号【げんしばんごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原子番号
げんしばんごう
atomic number
原子の種類,したがって化学元素の種類を決定する数値。初めは,元素を原子量の順に並べたときの順位を示す番号とされていたが,一部に例外を認めざるをえなかった。しかし,1911年の E.ラザフォードの散乱実験によって物理的意義が明らかになり,13年の H.モーズリーの特性X線スペクトルの研究によってその物理的・化学的意義の重要性が確認され,原子番号は原子核の外にある電子の数に等しいことがわかった。原子番号は普通は Zで表わすが,原子核の中にある陽子の数も Zに等しく,原子核の研究にとっても重要な数となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんし‐ばんごう〔‐バンガウ〕【原子番号】
原子核中の陽子の数、すなわち原子核の正電荷の数によって示される、元素の種類を表す番号。電気的に中性の原子では核外電子の数に等しい。元素の化学的性質は核外電子の数によって決まるので、原子番号はその元素の化学的性質を表す。→周期表補説

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

原子番号
原子番号の意味で原子核の外にある電子の数によって決まる原子の種類を表すが,岩石学ではブリオによって単位重量の岩石に含まれる酸素原子および金属原子の総和の意味で提案され,ローゼンブッシュが彼の岩石の分類に用いた[Brio : 1871, Rosenbusch : 1890].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんしばんごう【原子番号 atomic number】
元素の核電荷を電気素量(電子の電荷の絶対値)で割った値に等しい正の整数値で,原子核のもつ陽子数,すなわち中性原子の核外電子数に等しい。元素の種類を決定する数値である。記号Zを用いて表す。ある元素にもとづく化学的性質はすべてその原子番号Zによって規定される。現在既知の元素はZ=1の水素からZ=106のウンニルヘキシウムUnnilhexium(Unh)に及ぶ。元素の周期表にみられる原子量の逆転は同じZをもち,質量数Aの異なる同位体の存在比の相違に起因するものであり,周期表における元素の性質を規定するものは原子量ではなくて,原子番号Zにあることは,モーズリーの法則の発見によって立証された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんしばんごう【原子番号】
元素・原子・原子核の種類を表す番号の一つで、原子核を構成する陽子の個数。原子番号はまた、その原子のもつ電子(核外電子)の個数に等しいので、その元素の化学的性質を表す。記号 Z  

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原子番号
げんしばんごう
atomic number
原子核中の陽子の数、あるいは原子中の核外電子の数を、その原子の原子番号という。これまで一般に認められている元素は118種類であるが、これらには水素の原子番号1から始まって原子番号118のオガネソンまでそれぞれの原子番号がつけられている。各原子の化学的性質は核外電子の数の配列によって定まるから、原子番号は原子の化学的性質を支配する重要な因子となる。すなわち、各元素を原子番号の順に並べると、最外殻の原子価電子の配列が同じようなものが繰り返し出てきて、同じような化学的性質をもった元素が周期的に出現し、元素の周期表ができあがる。このように原子番号は原子の基本的性質の一つで、化学においてもっとも重要なものとなっている。しかし古くはこのようなことが明らかにされておらず、歴史的には逆に、周期表が発見されたことから原子番号が定められた。すなわち、初めは元素を原子量の順に並べるということで周期律が発見され、そのときの序数を原子番号としたのである。しかしこのようにすると、化学的性質から考えられる位置と順序が逆になっているところがあり、また多くの未発見の元素もあって完全ではなかった。その後、原子の特性X線スペクトルにおけるモーズリーの法則の発見(1913)や、原子模型のボーアの理論などの出現(1913)によって、しだいに原子番号の真の意味が明らかにされ、原子量よりも原子番号のほうが原子の性質を規定することが明確になった。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんし‐ばんごう ‥バンガウ【原子番号】
〘名〙 各元素が周期表で占める位置の順位を示す数。記号Z。元素の核外電子の数、すなわち、原子核中の陽子数に等しい。〔現代術語辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原子番号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原子番号の関連情報

他サービスで検索

「原子番号」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation