@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原敬【はら たかし】

美術人名辞典

原敬
政治家。岩手県生。幼名は健次郎、号は一山。立憲政友会総裁となり、政党政治家として最初政党内閣組閣平民宰相として世論支持を得た。大正10年(1921)歿、65才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

はら‐たかし【原敬】
[1856~1921]政治家。岩手の生まれ。外務省退官後、大阪毎日新聞社社長に就任立憲政友会創立に参画し、逓相・内相を歴任後、総裁に就任。大正7年(1918)平民宰相として初の政党内閣を組織し、交通の整備、教育の拡張など積極政策を行った。東京駅頭で刺殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

原敬 はら-たかし
1856-1921 明治-大正時代の政治家。
安政3年2月9日生まれ。井上馨(かおる),陸奥宗光(むつ-むねみつ)にみとめられて外務次官,駐朝鮮公使。明治31年大阪毎日新聞社長となる。33年政友会結成に参画し,のち総裁。35年衆議院議員(当選8回)。大正7年内閣を組織,陸・海・外務の3大臣以外の閣僚に政友会党員をあてた。衆議院に議席をもつ最初の首相で,平民宰相とよばれる。大正10年11月4日東京駅頭で中岡艮一(こんいち)に刺殺された。66歳。陸奥盛岡出身。司法省法学校中退。幼名は健次郎。号は一山など。
【格言など】墓標は位階勲等を書かず,単に「敬墓」と銘記すること(遺書)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

原敬 はら-けい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はらたかし【原敬】
1856‐1921(安政3‐大正10)
明治・大正期の政治家。盛岡藩重臣の次男。1871年(明治4)上京してカトリックの神父の学僕となり苦学。76年司法省法学校に入学,79年〈賄(まかない)征伐〉で退校,改進党系の《郵便報知新聞》記者となる。82年官僚派の《大東日報》主筆に転進井上毅,井上馨に認められ同年外務省に入り,翌年天津領事として赴任,才腕を示し,85年パリ公使館書記官に転じた。89年,外相大隈重信をきらって農商務省に移り,陸奥宗光の知遇を受け,通商局長を経て,95年外務次官に進んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はらけい【原敬】
はらたかし原敬

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はらたかし【原敬】
1856~1921 政治家。盛岡の人。新聞記者・外交官などを経て大阪毎日新聞社社長。立憲政友会創立に参加。逓相・内相を務め、政友会総裁となる。1918年(大正7)最初の政党内閣を組織し平民宰相と称されたが、強硬政策が反発を買い東京駅で暗殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原敬
はらたかし
[生]安政3(1856).2.9. 岩手,盛岡
[没]1921.11.4. 東京
政治家。南部藩家老職の次男に生れる。 1879年司法省法学校を中途退学し,郵便報知記者,大東日報主筆を経て,82年外務省に入った。 89年農商務省に転じ,陸奥宗光師事,96年駐韓公使となったが,翌年辞任し大阪毎日新聞編集総理,のち社長。 1900年立憲政友会の創立には関西財界を背景に尽力,同年伊藤博文内閣の逓相,02年衆議院議員となり,第1,2次西園寺内閣,山本権兵衛内閣の内相。山県有朋らの藩閥勢力を懐柔する一方,党内の指導権を握り,14年政友会総裁に就任。 18年米騒動で倒れた寺内正毅内閣のあとをうけて内閣総理大臣として「平民宰相による最初の政党内閣」を組織。しかし,普通選挙の実施を拒否し,社会運動には弾圧政策でのぞむなど,力と党利党略の政治家として世の批判をも受けた。 21年東京駅で中岡艮一に刺殺された。『原敬日記』 (和本 82冊,1875~1921) は明治,大正政治史の貴重な資料。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はら‐たかし【原敬】
政治家。岩手県出身。新聞記者から官僚となり、伊藤博文に信任される。第四次伊藤内閣の逓相、第一次・第二次西園寺内閣、第一次山本内閣の内相を歴任、大正三年(一九一四)立憲政友会総裁となり、同七年寺内内閣の後、平民宰相として初めて政党内閣を組織。東京駅頭で暗殺された。安政三~大正一〇年(一八五六‐一九二一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

原敬
はらたかし
1856〜1921
明治・大正時代の政党政治家。初めて本格的政党内閣を組織した
陸奥(岩手県)の生まれ。大阪毎日新聞社長を経て,立憲政友会の創立に参画。伊藤内閣の逓相,西園寺公望 (きんもち) 内閣の内相などを歴任し,1914年政友会総裁となる。'18年米騒動のため倒れた寺内正毅内閣のあとをうけて政友会を中心に組閣。爵位をもたない初の首相として「平民宰相」と呼ばれ,支持をうけたが,党利党略をはかったと批判され,'21年11月,東京駅頭で刺殺された。『原敬日記』は政治史の重要史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原敬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原敬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation