@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原核生物【げんかくせいぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原核生物
げんかくせいぶつ
procaryote
生物ともいう。原核細胞から成る生物の意で,具体的には細菌藍藻類である。これらはいずれも本質的には単細胞型の生物なので,原核細胞と原核生物とは,内容にそれほどの差異はないが,レンサ球菌ネンジュモのように,糸状の群体になるものはある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げんかく‐せいぶつ【原核生物】
核膜がなく、DNA分子がほとんどのまま細胞のほぼ中心部にあり、構造的には細胞質から区別できない生物。真正細菌古細菌に分類される。細菌藍藻(らんそう)など。バクテリア。→真核生物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

原核生物
 細胞内に明確な核がなくDNAが裸の状態で存在している生物.細菌など.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんかくせいぶつ【原核生物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんかくせいぶつ【原核生物】
生物の二大群の一。その細胞では、 DNA 分子が核様体として存在し、核膜を持たず、有糸分裂を行わない。また、細胞小器官もない。生物進化の初期に出現した原始的な群であり、すべての細菌類と藍藻らんそう類が含まれる。 → 真核生物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

原核生物
げんかくせいぶつ
原核とよばれる原始的な細胞核をもっている生物の名称で、真核生物と対(つい)をなす語。原核生物はすべて単細胞で、原核菌類と藍藻(らんそう)植物が含まれ、34億年前の藍藻の化石が発見されており、生物進化ではもっとも古い生物であると考えられている。原核生物では、核酸(DNA)が膜に包まれることなしに分子状態のままで細胞質中に存在し、ミトコンドリアなどの構造体がないといった特色がみられる。[片島 亮]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんかく‐せいぶつ【原核生物】
〘名〙 原始的な構造の核をもつ生物。核膜、染色体、仁などの構造を欠くだけでなく、ミトコンドリア、葉緑体、ゴルジ体などの細胞器官をもたず、その細胞の構造は単純である。細菌と藍藻(らんそう)がこれに当たる。⇔真核生物

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原核生物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原核生物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation