@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原町【はらまち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原町
はらまち
福島県北東部,南相馬市中部の旧市域。太平洋に臨む新田川(にいだがわ)下流域にある。1954年町と高平村,太田村,大甕村の 3村が合体して市制。1956年石神村を編入。2006年小高町,鹿島町と合体して南相馬市となった。中心市街地の原町は陸前浜街道(国道6号線)の宿場町として栄えた。1898年日本鉄道常磐線開通により発展。相馬郡,双葉郡の行政出先機関が集まる。精密機械,電子,パルプなどの工場が進出している。周辺部は耕地が開け,米作と野菜栽培が盛ん。毎年 7月下旬雲雀ヶ原で行なわれる相馬野馬追いの行事は有名で,国の重要無形民俗文化財に指定されている。また,国の史跡桜井古墳羽山横穴,国の重要文化財の旧武山家住宅がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原町
はらまち
群馬県中部,東吾妻町北部の中心集落および旧町域。吾妻川中流域に位置する。 1889年町制施行。 1955年近隣3村と合体し,1956年吾妻町に改称。 2006年村と合体して東吾妻町となった。元和年間 (1615~24) に岩櫃城城下町であった平川戸から町人を転居させたのが町の起源中之条盆地の西端に位置し,近世には北東約 3kmにある中之条と隔月で1,6を市日とする六斎市が立った。吾妻川流域のなかでは中之条に次ぐ商業地。国の天然記念物の大ケヤキがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はらまち【原町】
福島県北東部にあった市。平成18年(2006)1月、鹿島町・小高町と合併して南相馬市となった。→南相馬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はるまち【原町】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

はらまち【原町】
福島県北東部の地名。太平洋に面する。浜通り北部の中心で、江戸時代は陸前浜街道の宿駅として発達。電気・機械・製紙工業が盛ん。昭和二九年(一九五四)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation