@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

原稿【げんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

原稿
げんこう
copy
(1) 印刷,講演などのもとにするために作成した下書き草稿。 (2) 転じて,印刷製版に用いる写真,絵画などをもさし,写真原稿,挿絵原稿などという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐こう〔‐カウ〕【原稿】
印刷・公表するもののもとになる文章・書画・写真など。特に、その目的で文章を書いたもの。「原稿を執筆する」「原稿の締め切り」「写真原稿
演説・講演などの草案。「原稿を棒読みする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんこう【原稿】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんこう【原稿】
発表する文章の下書き。草稿。 講演の-
印刷のもととなる文章や絵画・写真など。 フロッピー-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐こう ‥カウ【原稿】
〘名〙 印刷したり演説や講演など口頭で発表したりするもののもとになる文章。また、その文章を書いたもの。印刷のための書画、写真などを含むこともある。草稿。
※吉田篁墩宛大田南畝書簡‐寛政九年(1797)四月一六日「然ば御はなし申上候清朝興創事略御原稿本出来候分、態々御もたせ被下辱刮目拝見可仕候」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「原稿(ゲンカウ)さへ持てゆけば、直に引換にそれだけの代をよこすから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原稿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

原稿の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation