@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

厳原【いづはら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

厳原
いづはら
長崎県西部,対馬の南端部を占める地域。旧町。 1919年町制。 1956年久田,豆酘,佐須の3村と合体。 2004年3月上県,上対馬豊玉美津島,峰の5町と合併して対馬市となった。中心集落の厳原は日本と大陸を結ぶ交通の要地で,古くは対馬国国府が置かれた。文明 18 (1486) 年守護宗氏がここに居を構え,江戸時代には対馬藩 10万石の城下町であった。朝鮮貿易の基地で,長崎とともに鎖国期における開場であった。西岸,朝鮮海峡に面する小茂田は元寇時の激戦地。その近くの対州鉱山は白鳳時代から銀山として知られ,近年では亜鉛,鉛の主要鉱山であったが,1973年に閉山した。農業は自給程度で,漁業はイカの漁獲が主。林業では従来木炭の生産が主であったが,第2次世界大戦後植林とシイタケ生産が進められてきた。竜良山 (たてらやま) 原始林は天然記念物,矢立山古墳,清水山城跡,対島藩主宗家墓所,金石城跡は史跡にそれぞれ指定されている。南東岸一帯は壱岐対馬国定公園に属する。国道 382号線が通り,博多港から定期船が就航

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いづはら【厳原】
長崎県、対馬(つしま)市南部の地名。もと宗(そう)氏の城下町。港をもち、対馬の行政・交通の中心地。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いずはら〔いづはら〕【厳原】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いずはら【厳原】
いづはら厳原

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いづはら【厳原】
長崎県西部、対馬市の地名。対馬の南部に位置し、古くから島の中心。厳原港は鎖国の時も長崎とともに対外貿易港であった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いずはら いづはら【厳原】
長崎県対馬市の地名。壱岐、博多との連絡港で、対馬唯一の貿易港。室町中期以来、対馬藩宗(そう)氏の城下町。府中。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いづはら【厳原】
〘名〙 ⇒いずはら

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厳原」の用語解説はコトバンクが提供しています。

厳原の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation