@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

去来抄【きょらいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

去来抄
きょらいしょう
江戸時代中期の俳論書。向井去来著。加藤暁台序。井上士朗跋。3冊。安永4 (1775) 年刊成立は元禄末頃。芭蕉および門下の俳論を集成したもので,『三冊子』とともに蕉風俳論の根本資料。先師評,同門評,修行教の3部。先師評は主として芭蕉が自および門下の句について批評した言葉を収め,同門評は蕉門高弟たちが先師および同門の句を批評した言葉を収める。修行教は芭蕉および門下の連中不易流行の説以下俳諧本質論を展開したもので,さらに俳諧修行に関連した言葉も収める。写本には別に,去来と長崎の人々との蕉風の法式に関する問答を収めた故実編がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょらいしょう〔キヨライセウ〕【去来抄】
江戸中期の俳論書。3冊(版本)。向井去来著。元禄15年(1702)ごろから宝永元年(1704)にかけて成立。安永4年(1775)刊。芭蕉および門人の俳論を集成したもの。さびしおり不易流行など、蕉風俳諧の本質に触れたものが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょらいしょう【去来抄】
俳諧論書。去来著。1704年(宝永1),執筆中に著者は病没し,〈先師評〉〈同門評〉〈故実〉〈修行教〉の4巻2冊が草稿のまま実弟魯町のもとに伝わった。前半の2巻1冊のみ現存。当初は落柿舎集と題する撰集の一部として企画されたらしい。写本として流布したが,75年(安永4),暁台(きようたい)が〈故実〉を除く3巻3冊として刊行。ただし,本文校訂は必ずしも草稿に忠実でない。〈先師評〉〈同門評〉は,句々に即した蕉門諸家の議論の記録。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょらいしょう【去来抄】
俳論書。四巻。向井去来著。1702年から1704年の間に成立。1775年刊。芭蕉と門人たちの句評・俳諧本質論・俳諧作法などを「先師評」「同門評」「故実」「修行」の四分に分けて記す。ただし、そのうち「故実」編のみ出版されなかった。土芳の「三冊子」と並び、芭蕉俳論を知る重要な資料。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

去来抄
きょらいしょう
去来の俳諧(はいかい)論書。去来晩年の1704年(宝永1)ごろ成立。「先師評」「同門評」「故実」「修業教」の4編からなり、前2編は去来自筆稿本、他は写本によって伝わる。1775年(安永4)に尾張(おわり)(愛知県)の暁台(きょうたい)らによって板本『去来抄』(「故実」を除く3編のみ)が刊行されている。内容は、去来がおりに触れて師芭蕉(ばしょう)から聞いた句評の詞(ことば)などを中心に、蕉門の高弟たちとたたかわせた作句論など、蕉風俳諧の理念・手法や表現意識にもわたっており、とくに不易流行(ふえきりゅうこう)や、さび・しをり・細みについての説、匂(にお)ひ・ひびき・俤(おもかげ)などの付合(つけあい)論は、蕉風俳諧の特質を知るうえに重要である。本文は、篤実な去来の人柄を反映して、師翁の教説に忠実な記述とみられることから、土芳(とほう)の『三冊子(さんぞうし)』とともに、蕉風俳論の根本資料として高い評価を与えられているが、去来自身の見解に基づく独自な構成意識のあることも見逃せない。[堀切 實]
『栗山理一他校注・訳『日本古典文学全集51 連歌論集・能楽論集・俳論集』(1973・小学館) ▽南信一著『総釈去来の俳論 下』(1975・風間書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょらいしょう ‥セウ【去来抄】
江戸前期の俳論。三冊。向井去来著。元祿一五~宝永元年(一七〇二‐〇四)に成立。安永四年(一七七五)刊。芭蕉およびその門人の俳論を集成したもので、版本では「先師評」「同門評」「修行教」の三部から成るが、本来は「故実篇」を加えた四部作。蕉風俳諧の本質に触れたものが多く、不易流行、かるみ、さび、しおりなどを研究する貴重な資料。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

去来抄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

去来抄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation