@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

去来【キョライ】

デジタル大辞泉

きょ‐らい【去来】
[名](スル)
去ることと来ること。行ったり来たりすること。ゆきき。往来。「心中に去来する思い」
過去と未来。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょらい【去来】[人名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょらい【去来】
1651‐1704(慶安4‐宝永1)
江戸前期の俳人。姓は向井,通称は喜兵次または平次郎。幼名は慶千代。諱(いみな)は兼時。字は元淵(もとひろ)。義焉子とも号す。長崎の人。長崎後興善町に長崎聖堂の祭酒向井元升の次男として生まれる。兄に元端(震軒),弟に元成(魯町),利文(牡年),妹に千代(千子)らがある。1658年(万治1)父に伴われて京に移住したが,のち福岡に下って武道を修行。75年(延宝3)ごろ武を捨てて京に戻り,77年没した父を継いで典薬となった兄元端を助け,公家に出入りして神道家,陰陽家として天文のことに携わったという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょらい【去来】
スル
去ることと来ること。行ったり来たりすること。また、思い浮かんだり消えたりすること。 この間の出来事が脳裏に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょらい【去来】
向井むかい去来

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

去来
きょらい
(1651―1704)
江戸中期の俳人。向井氏。通称平次郎、字(あざな)は元淵、庵号(あんごう)落柿舎(らくししゃ)。儒医元升の次男(兄元端、妹千代など9人兄妹)として肥前国長崎に生まれ、8歳のとき、父の移住に伴い上京。一時、福岡の母方の叔父久米(くめ)家の養子となって武芸の道を学び、その奥儀を極めたが、24、25歳のころ弓矢を捨てて帰京し、陰陽道(おんみょうどう)の学をもって堂上家に仕えた。
 1684年(貞享1)以降、芭蕉(ばしょう)に師事して俳諧(はいかい)に専念し、翌年には嵯峨(さが)落柿舎に隠棲(いんせい)、蕉門の代表的撰集(せんしゅう)となった『猿蓑(さるみの)』編纂(へんさん)の任を与えられるなど、芭蕉の信頼厚く、関西の俳諧奉行(ぶぎょう)と称されるほどであった。芭蕉没後は、浪化(ろうか)、風国、卯七(うしち)ら門友間に忠実な師風を伝えることに努め、『去来文(きょらいぶみ)』『旅寝論(たびねろん)』などの俳論書を著し、また同門高弟連の邪道に走るを戒めるべく許六(きょりく)と論争(俳諧問答)を重ねたりしたが、蕉風随一の俳論書として評価の高い『去来抄』は、いわばそれらの総決算であった。篤実穏健な人柄は、反面強い自負心に支えられ、作風は、蕉風の真髄を悟って高雅清寂であるが、晩年はしだいに平明に向かっている。宝永(ほうえい)元年9月10日、京岡崎聖護院(しょうごいん)の家に没した。墓は洛北(らくほく)真如堂(しんにょどう)に一門の人々とともにあったがいまは失われ、洛西嵯峨に招魂の小碑が建っている。[堀切 實]
 秋風やしらきの弓に弦(つる)はらん
『杉浦正一郎他編『向井去来』(1954・去来顕彰会) ▽大内初夫他編『去来先生全集』(1982・落柿舎保存会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ‐らい【去来】
〘名〙 去ることと来ること。行ったり来たりすること。ゆきき。往来。転じて、過去と未来。
※懐風藻(751)暮春曲宴南池〈藤原宇合〉「林亭問我之客。去来花辺」 〔郭璞‐遊仙詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょらい【去来】
江戸前期の俳人。本姓向井。別号落柿舎。長崎の生まれ。蕉門十哲の一人。貞享元年(一六八四)其角を知り芭蕉に入門。以来嵯峨に落柿舎(らくししゃ)を結び俳諧に専心。「猿蓑」を編み「去来抄」を著わすなど、蕉風確立に大きな力となった。著「旅寝論」など。句集に「去来発句集」がある。慶安四~宝永元年(一六五一‐一七〇四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さり‐・く【去来】
〘自カ変〙 (「さる」は来るの意) やって来る。来る。
※万葉(8C後)一・一六「冬こもり 春去来(さりくれ)ば 鳴かざりし 鳥も来鳴きぬ 咲かざりし 花も咲けれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

去来 きょらい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

去来
きょらい
向井去来」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

去来」の用語解説はコトバンクが提供しています。

去来の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation