@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

参勤交代【さんきんこうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

参勤交代
さんきんこうたい
江戸時代,大名が一定期間交代で江戸参勤した制度幕府が大名統制策の一つとして行なったもので,戦国大名の行なった城下在番と人質徴収の政策に起るといわれる。慶長7 (1602) 年前田利長が母を人質として参勤したのが最も早い例。元和1 (15) 年の武家諸法度で定められ,寛永 12 (35) 年の武家諸法度で確立。多くの大名は在府在国1年交代を原則としたが,関東の大名は半年交代,また対馬の宗氏は遠隔の地であるのと朝鮮との応対のため3年1度の参勤とした。これと同時に大名は妻子を江戸に人質として住まわせることになっていた。享保の改革の際8代将軍徳川吉宗が上米の制を定めて在府の期間をゆるめたこともあったが,8年間で旧に復した。参勤交代は莫大な経費を要し,各藩の財政を窮地に追込むことが多く,また国元と江戸に分れて藩士が対立することもあり,御家騒動の原因となる場合も少くなく,幕府に対抗する勢力の弱体化を目指す幕府の意図は成功したといえる。参勤交代の影響は政治面だけに限らず,たとえば江戸の繁栄は各大名の莫大な消費に支えられる部分が大きく,江戸,大坂を中心とした商業,交通の発達はめざましいものがあった。地方においても帰国した藩士らのもたらす江戸文化が,地方文化発達の刺激になった。幕府は文久2 (1862) 年の政治改革に際して,参勤交代を大大名は3年に1年,その他は3年1度 100日を在府として妻子の帰国を許した。その後,慶応1 (65) 年再び旧に戻したが命令に従う者がなく,廃絶した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんきん‐こうたい〔‐カウタイ〕【参勤交代】
江戸幕府諸大名を定期的に江戸に参勤させた制度。寛永12年(1635)制度化され、1年おきの在府・在国を原則とした。このため全国の交通は発達したが、大名は巨額の出費を余儀なくされ、その妻子は幕府の人質となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

参勤交代
 江戸時代、大名が領地を離れて、一定期間を江戸で過ごさなければならない制度です。江戸に移動するための大名の財政負担は大きかったのですが、交通が整えられたり、宿場がさかえたりするなどのメリットもあったようです。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんきんこうたい【参勤交代】
江戸時代,諸大名が一定の時期を限って江戸に伺候することを参勤,封地に就くのを交代といい,その総称。参覲交替とも書く。一般に参勤交代とは,将軍に対する大名の,また本藩主に対する支藩主や知行主らの,主従関係の表示としての拝謁,勤役を前提とした上洛,参府または本城伺候および就封をさすが,この参勤を契機として,当事者間には御恩奉公の主従関係が成立する。 〈参勤〉の語は,鎌倉・室町幕府評定衆や奉行人らの出仕制に関連ある語句として現れ,具体的には鎌倉幕府の御家人鎌倉大番役京都大番役などの軍役負担に,その原初的形態をみる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

参勤交代
さんきんこうたい

参覲交替とも書く。江戸幕府が課した大名軍役の一つ。それによって、幕府は諸大名の江戸参勤を役儀・奉公として義務づけ、強力な大名統制を行うとともに、権力の集中強化を図り、幕藩体制の長期存続を可能とした。

[藤野 保]

起源・運用

諸大名が徳川氏に対する臣従の証拠として、江戸城に人質を提出したことに始まる。1596年(慶長1)藤堂高虎(とうどうたかとら)が弟の正高を証人として江戸に送ったのは、その早い例。徳川氏の覇権確立後、諸大名の証人提出が多くなり、また江戸に大名屋敷を設けるものが多くなったが、なお、諸大名の自発的意志によるもので、制度として実施されたわけではない。1615年(元和1)制定の「武家諸法度(ぶけしょはっと)」は、参勤作法として従者の員数を定めただけで100万石以下20万石以上の大名は20騎以下、10万石以下の大名は分に応ずるよう規定した。しかるに3代将軍家光(いえみつ)は、1634年(寛永11)譜代(ふだい)大名の妻子を江戸に移し、翌35年には「武家諸法度」を改定し、その第2条に「大名・小名、在江戸交替相定むる所なり、毎歳夏四月中、参勤いたすべし」と規定し、参勤交代を制度化した。ここに参勤交代は諸大名の役儀・奉公として義務づけられ、毎年4月が交代期と定められた。こうして諸大名は在府・在国1年交代となり、大名妻子をはじめ多数の家臣団が江戸に常住することになった。1642年(寛永19)制度の改正が行われ、譜代大名の交代期は6月、とくに関東の譜代大名は在府・在国半年、8月ないし2月交代となった。ほかに対馬(つしま)の宗(そう)氏は三年一勤(4か月在府)、水戸藩や老中などの役付大名は江戸定府(じょうふ)となった。

 8代将軍吉宗(よしむね)は、幕府財政再建のため、1722年(享保7)諸大名に1万石につき100石の上米(あげまい)を命じ、その代償として、参勤交代を緩和し、在府半年・在国1年半としたが、30年旧制に復した。その後、幕府は幕末に至り、幕政改革の一環として、1862年(文久2)ふたたび参勤交代を緩和し、三年一勤百日在府制を実施したが、それによって、諸大名の幕府からの離反を防ぐことができず、かえって幕府の崩壊を早める結果となった。

[藤野 保]

効果・意義

江戸時代に入り、幕府の軍役体系は整備されたが、平和の到来によって、諸大名を戦争に動員する機会はなくなり、参勤交代が手伝普請(てつだいぶしん)とともに、軍役として重要な意義を担った。参勤交代の制度化によって、江戸は諸大名とその家臣団が集居する大消費都市に発展したが、諸大名の参勤交代に要する費用は膨大なもので、大名財政の窮乏をきたす主要因となった。そのため、諸大名は年貢米と特産品を中央市場である大坂で販売し、貨幣を獲得する必要に迫られたが、大坂に集まった全国の物資は、おもに江戸へ輸送され、江戸の膨大な商品需要に応じたのである。こうして、参勤交代の制度化によって、諸大名と大坂、大坂と江戸という商品の流通路ができあがり、三者の経済的な結合が実現して、全国市場の形成を促進した。江戸時代の商品流通、交通・宿駅、また貨幣経済・商工業などの発達は、参勤交代によるところが大きく、さらに中央文化の地方普及にも貢献するところが少なくなかった。

[藤野 保]

『藤野保著『新訂幕藩体制史の研究』(1975・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

参勤交代
さんきんこうたい
江戸時代,幕府が大名統制のため一定期間諸大名を江戸に参勤させた制度
江戸初期から諸大名が自発的に江戸に参向することはあったが,1635(寛永12)年3代将軍徳川家光の改正した武家諸法度で毎年4月を参勤の時期と定め制度化した。在江戸・在国1年交代(関東の譜代大名は半年交代)が原則で,妻子を人質として江戸に常住させた。往復の旅費や江戸藩邸での出費は大名の財政を苦しめたが,他方江戸の繁栄,交通・経済の発達をうながした。1864年,事実上廃絶。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

参勤交代」の用語解説はコトバンクが提供しています。

参勤交代の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation