@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

双務契約【そうむけいやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

双務契約
そうむけいやく
zweiseitiger Vertrag
当事者双方が互いに対価的な意義を有する債務を負担する契約を双契約といい,そうでないものを片務契約という。たとえば,売買賃貸借などは双務契約であり,贈与使用貸借などは片務契約である。有償契約に類似するが,それより狭い概念である。たとえば,利息付き消費貸借では,借りた金の利用と利息とが経済的には対価関係にあるから有償契約であるが,借りた金は法律的には借主所有となって,その利用にはなんら債務関係を成立させることがないから,それは双務契約ではない。双務契約では双方の債務が対価関係にあるため,その履行については同時履行の抗弁権 (民法 533) が認められ,また危険負担の問題が生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうむ‐けいやく〔サウム‐〕【双務契約】
当事者の双方が互いに対価的な債務を負担する契約。売買・賃貸借雇用など。⇔片務契約

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうむけいやく【双務契約】
当事者の双方が相互に対価的な債務を負担する契約。売買・賃貸借・請負など。 ⇔ 片務契約

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そうむ‐けいやく サウム‥【双務契約】
〘名〙 当事者双方が互いに対価的な関係にたつ債務を負担する契約。売買・賃貸借・雇傭・請負など。⇔片務(へんむ)契約
※民法(明治二九年)(1896)五三三条「双務契約当事者の一方は相手方か其債務の履行を提供するまては自己の債務の履行を拒むことを得」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双務契約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双務契約の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation