@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

双子座【フタゴザ】

デジタル大辞泉

ふたご‐ざ【双子座】
黄道十二星座の一。3月上旬の午後8時ごろ南中し、南の中天高く見える。α(アルファ)星カストルは光度1.6等、β(ベータ)星ポルックスは光度1.1等で、これを双子の兄弟に見立てたもの。現在、夏至点がある。学名 〈ラテン〉Gemini

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

双子座
二区分は男性星座。三区分は柔軟星座。四区分風のエレメント。支配星は水星。身体の象徴部位は・手・知性表現・伝達者。他者との多角的なコミュニケーションを通じて、自分の得た知識や情報を伝える。マルチな同時進行が得意。軽いフットワークで持ち前の好奇心を満たす。しかし好奇心がありすぎて集中力に欠如したり、深く見られない一面もある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふたご‐ざ【双子座】
黄道十二星座の一つ。馭者(ぎょしゃ)座の隣にある。α(アルファ)星カストルは光度一・六等、β(ベータ)星ポルックスは光度一・一等。ギリシア神話ではゼウスとレダの間に生まれた双子兄弟の姿に見たてる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双子座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双子座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation