@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

双曲線航法【ソウキョクセンコウホウ】

デジタル大辞泉

そうきょくせん‐こうほう〔サウキヨクセンカウハフ〕【双曲線航法】
電波航法の一。二点からの距離の差が一定な点は、この二点を焦点とする双曲線上にあるという原理を応用し、二つの発信局からの電波の到達時間差や位相差によって、船の位置を決める。ロランオメガデッカなどの航法は、その代表的なもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうきょくせんこうほう【双曲線航法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そうきょくせんこうほう【双曲線航法】
電波航法の一種。二点からの距離差の一定な点は双曲線を描くことから、二つの固定局からのパルス電波を受信し、到達時間差・位相差を測って位置を求める航法。到達時間差を測定するものにロラン、位相差を測定するものにオメガ・デッカがある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

双曲線航法
そうきょくせんこうほう
電波航法の一種。二定点からの距離差がわかれば、その二定点を焦点とする双曲線群の一つとして位置の線が決まり、このような他の位置の線との交点として船位が決定される。この方式による各種の測位方式を総称して双曲線航法といい、現用電波航法の主流をなしている。
 距離差測定法として次の二法がある。
(1)パルス波を用い、電波の定速性を利用して、二発信局からの電波の到達時間差を測定するもの(ロラン)。
(2)連続波を用い、二発信局からの電波の位相差を測定するもの(デッカ、オメガ、コンソルなど)。
 これらの発信局は地上に設置されているが、宇宙空間に設置された場合が衛星航法であると考えればよい。[川本文彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双曲線航法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双曲線航法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation