@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

双極型集積回路【そうきょくがたしゅうせきかいろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

双極型集積回路
そうきょくがたしゅうせきかいろ
bipolar integrated circuit
バイポーラ ICともいう。能動素子として双極型トランジスタを用いた集積回路。これに対して,MOS電界効果トランジスタを用いたものをMOS型集積回路という。1枚のシリコン基板上に,エピタキシャル成長,二酸化シリコン膜とフォトエッチングを用いた不純物拡散,電極蒸着,配線の各工程により集積回路を製作する。 MOS型集積回路に比べて高速動作を行えるため,コンピュータ中央処理装置や入出力制御装置などに広範囲に使用されている。集積度の点では MOS型集積回路の 1/5 から 1/10 にとどまり,また製造工程が多いため,経済性では劣る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

双極型集積回路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

双極型集積回路の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation