@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反デューリング論【はんでゅーりんぐろん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

反デューリング論
はんでゅーりんぐろん
Anti-Dhring
『オイゲン・デューリング氏の科学の変革』Herrn Eugen Dhrings Umwlzung der Wissenschaftが正しい書名。盲目のベルリン大学私講師デューリングの論説に対して、エンゲルスがマルクスの協力を得て行った批判の書である。ドイツ社会主義労働者党の中央機関紙『フォーアウェルツ』に1877年から1878年にかけて掲載され、完結と同時に単行本として刊行された。広い分野にわたるデューリングの俗流的な理論を批判するため、本書は、哲学、経済学、社会主義の三つの編からなり、弁証法的唯物論と唯物史観、経済学の対象と方法、価値、資本や、科学的社会主義の主張、といったマルクス主義の包括的な体系の積極的な展開を行っており、マルクス主義理論の百科全書ともいうべき著作となっている。[重田澄男]
『エンゲルス著、村田陽一訳『反デューリング論』(大月書店・国民文庫) ▽エンゲルス著、粟田賢三訳『反デューリング論――オイゲン・デューリング氏の科学の変革』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

反デューリング論
はんデューリングろん
Herrn Eugen Dührings Umwälzung der Wissenschaft
ドイツの社会主義者エンゲルスの著作
1878年刊。この著書でデューリング(1833〜1921)の批判を通じてマルクス主義を一般にわかりやすく示し,広く受け入れられた。この第一章に手を加えたパンフレットが「空想から科学へ」である。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反デューリング論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反デューリング論の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation