@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反トラスト法【はんトラストほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反トラスト法
はんトラストほう
antitrust laws
競争の制限もしくは市場の独占をはかるトラスト (企業合同) を制限または禁止する法律。 1890年代以降アメリカには巨大独占企業が続出し,これら企業のもたらす独占の弊害を防止するためシャーマン反トラスト法 (1890) ,クレイトン法 (1914) ,連邦取引委員会法 (14) の一連独占禁止法が制定された。第2次世界大戦後にはイギリスの制限的取引慣行取締法 (56) ,西ドイツ競争制限禁止法 (57) ,日本の私的独占の禁止及び公正取引確保に関する法律 (いわゆる独占禁止法,47) などがその代表的なものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はんトラスト‐ほう〔‐ハフ〕【反トラスト法】
トラストを禁止・制限する法律。特に、米国で1890年に制定された独占および取引制限行為を禁じたシャーマン法、その強化を図った1914年のクレイトン法、連邦取引委員会法などの総称。イギリス・ドイツ・日本の独占禁止法モデルとなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんとらすとほう【反トラスト法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

反トラスト法
はんとらすとほう
Antitrust Laws

アメリカ合衆国の独占禁止ないしは公正取引維持法の総称。1890年のシャーマン法および1914年のクレートン法が代表的なものである。アメリカ資本主義が発展するなかで、1870年代より過当競争を避けるべくプール(カルテル)を通じた価格協定、生産制限などが行われ、80年代にはスタンダード石油をはじめとするトラスト化が展開され、さらに持株会社による企業集中が進められた。これら巨大企業の出現は独占による資本主義の弊害として多くの不安をよび、80年代末、中西部はじめ諸州で反トラスト法が制定された。それらが州際企業に無力なため、連邦法たるシャーマン法がつくられたが、それは「州際通商を制限する独占または結合を不法とする」というものの、無定義の簡単な法律にすぎなかった。95年、精糖の98%を支配するトラストが裁かれたが、製造過程は通商ではなく、かつ州内の問題とされ、同法は骨抜きになった。一方、前年には鉄道組合のストが通商制限としてシャーマン法違反に問われた。革新主義時代、鉄道持株会社や石油トラストが同法により解散させられ、さらに補強立法としてクレートン法が制定され、また施行機関として連邦取引委員会が設けられた。しかし、その後の大企業容認の風潮のため、反トラスト法は独占禁止よりは不当競争制限を取り締まるものに変質したが、いまなおある程度は消費者保護に役だっている。また、その原理は日本やヨーロッパにも導入されている。

[長沼秀世]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はんトラスト‐ほう ‥ハフ【反トラスト法】
〘名〙 (トラストはtrust) 公正な自由競争の維持を目的として、トラストを禁止・制限する法律。アメリカにおける一九世紀後半以来の独占資本の発展に対する一連の法律。一八九〇年のシャーマン反トラスト法、一九一四年のクレートン法など、実効は乏しく、かえって労働組合運動弾圧の具に供された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

反トラスト法
はんトラストほう
Anti-Trust Laws
1890年以後アメリカで制定された,独占の弊害を防止し,公正な自由競争維持を目的とする一連の法律
19世紀後半の独占資本の急激な発展に対し,1870年の農業恐慌契機西部農民から独占反対運動が起こり,東部の商工業者も参加したが,90年のシャーマントラスト法体化し,1914年クレイトン反トラスト法で強化された。施行機関は司法省と連邦取引委員会である。結果として,あまり効果をあげることはできなかった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反トラスト法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反トラスト法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation