@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反動【はんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反動
はんどう
進歩的変革ないしそれを支える進歩的勢力反対し,既存政治的状態を保守しようとしたり,旧体制復活をもくろんだりする保守的勢力の行動をいう。反動は保守よりも積極的,行動的な形態である。しかし反革命と比べると,暴力的な色彩は濃厚ではない。反革命が暴力をもって歴史歯車を逆回転させようとする攻撃的,暴力的な急変を意味するのに対して,反動は予防的な弾圧を含めた歴史的逆行のための行動である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐どう【反動】
他に力や作用を及ぼしたときに、その反作用で押し返されること。
ある傾向に対抗して生じるそれと全く反対の傾向・動き。「好景気の反動が出はじめる」
一切の改革や革新に反対して、守旧的立場に立つ極端な保守主義。また、その立場をとる人。「反動主義」「反動勢力」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんどう【反動 reaction】
反動とは,物理学的には作用に対する反作用という意味であるが,政治の世界で反動の概念が生まれたのは,フランス革命をもって嚆矢(こうし)とする。自由・平等・博愛という普遍的価値を前面に出して遂行されたこのイデオロギー革命は,その進展とともに革命に反対する運動を呼び,これが反動派réactionnairesを形成することになった。フランス革命の恐怖政治に対する反動化の真っただなかに生きた小説家,H.B.コンスタンは《政治的反動論Des réactions politiques》(1797)の中で,反動概念の定式化をはかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんどう【反動】
ある力や作用が働く時、それと反対の方向に生じる力や作用。 急発車の-でよろめく
ある傾向に対抗して生じるそれと全く反対の傾向・動き。反発。 抑圧への-
歴史の流れや進歩・改革に反対し逆戻りしようとする傾向。また、その人。 -勢力 哲学字彙(1881年)には英語 reaction の訳語として反動力と載る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

反動
はんどう
reaction
元来は力学上の用語で、動=作用に対する反作用を意味し、それをそのまま社会現象に使うこともあるが(自然的反動)、普通、進歩に対する反作用(政治的反動)を意味する。特殊歴史的範疇(はんちゅう)としての、また一定の政治的党派性を意味することばとしての反動は、フランス革命後において、フランス大革命の理念と原則に反対したフランスの王党派の政策、政治手段、思考様式がその後の反動派の原型となった。フランスの思想家バンジャマン・コンスタンの小著『政治的反動論』Des ractions politiques(1797)は、反動の政治学的分析の初めとされている。
 このように政治用語としての反動は、もともと革命に対する反動を意味していたのであるが、マルクス主義は、歴史を、革命を媒介とする非連続的進歩としてとらえることによって、革命に対する反動を、同時に進歩に対する反動としてとらえる用例を開いた。他方、アメリカの政治学者ローウェルは、現状に対する肯定と否定、将来に対する楽観と悲観の二つを軸として、四つの政治的性向を区別したが、これによれば、反動ないし反動派とは、現状に不満をもち、将来についても悲観的で改革の可能性を信じない政治的性向ないし政治勢力であり、現状の評価という点で保守と区別され、将来の予測という点で急進と区別され、自由派とはこの両軸において反対の立場にたつ。つまり、ローウェルは、反動をむしろリベラルの反対概念としてとらえているのである。
 わが国では、「保守反動」というような日常的用語例があるが、もともと保守は、保存すべき価値の積極的な選択を前提とするものであるから、本来消極的で反対的なものにとどまる反動とは区別されなければならない。現代における政治的反動の典型は、反革命、反進歩、反自由というあらゆる面でファシズムである。[田口富久治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐どう【反動】
〘名〙
① (━する) 一つの運動または勢力に対抗して反対の動きが生ずること。また、その生じた運動や勢力。ゆりかえし。うちかえし。〔音訓新聞字引(1876)〕
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「うつくしきをめでたしむは我人間の天性にて、他の醜きをめでたしむは僅に反動(ハンダウ)なり」
② 歴史の進歩発展に逆行し、強圧的な手段によって旧体制の維持または復活をはかろうとする立場、ないし、政治行動。また、その立場をとる人。
※一九二八・三・一五(1928)〈小林多喜二〉六「然し時々今日全国的に開かれる反動内閣倒閣演説会が出来なくなった事と」
③ ある物体が作用を及ぼすとき、逆に反作用を受けてその物体自身の運動状態に生じる変化。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「足のさきを頭のうへまで持って来て、反動をつけて、米つき虫のやうにぴょこりと起きあがった」
④ (━する) 反応を起こすこと。
※真理一斑(1884)〈植村正久〉七「眼耳鼻等の神経に感覚を起し之を頭脳に通ぜしめたる時と心性が注思と意志とを以て之に反動するときとの間に少頃の間隙あるを知る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation