@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反右派闘争【はんうはとうそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反右派闘争
はんうはとうそう
Fan-you-pai touzheng
1957年6月から年末にかけて中国で行なわれた,いわゆる右派分子に対する思想・政治闘争。1956年から 1957年初頭にかけ,自由な発言を奨励する「百花斉放百家争鳴」の運動が展開されたが,民主党派や知識分子による中国共産党批判がさまざまなかたちで激化したため,共産党が反批判を開始した。1957年6月8日『人民日報社説は反右派闘争口火を切り,9日の社説も「積極な批判も必要であるが,正しい再批判も必要である」として反撃に転じ,26日から 7月15日まで開かれた全国人民代表大会第4回会議は反右派闘争と右派分子自己批判の大会となった。共産党の「天下」やプロレタリア独裁を批判した知識人は右派分子として孤立し,章伯鈞羅隆基,儲安平らは糾弾の的となって完全に政治的発言力を失った。反右派闘争は整風運動と一体となって 8月頃から全国的な運動に発展し,民衆に対する社会主義教育運動とも結びついて,1958年の大躍進へと展開していった。1970年代末,「四つの現代化」政策のもとで 1957年に右派とされた 55万人のうち 53万人余は冤罪,残りの大部分も名誉回復された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんうはとうそう【反右派闘争 Fǎn yòu pài dòu zhēng】
1957年に中国でおこなわれた中国共産党に反対するブルジョア右派分子を摘発する闘争をさす。1956年,スターリン批判直後の〈雪どけムード波紋をひろげるなかで,中共宣伝部長陸定一は,〈百花斉放百家争鳴〉を呼びかけたが,それは一種の〈自由化政策〉と人々の眼に映った。翌57年には毛沢東が《人民内部の矛盾を正しく処理する問題について》と題する演説をおこなったことで,〈自由化〉のムードはいっそうかき立てられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんうはとうそう【反右派闘争】
1957年に中国で行われた、中国共産党の政策に批判的な知識人を摘発する政治運動。主に文化・教育・報道部門の幹部が「右派分子」として追放された。文革後の78年、党中央は運動の行き過ぎを認め、名誉回復をはかった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

反右派闘争
はんうはとうそう
中国で1957〜58年にかけて行われた「ブルジョワ右派」に対する政治的弾圧
1956年の中国共産党中央による「百花斉放・百家争鳴」の呼びかけに応じて,「民主諸党派」などの知識人が中国共産党の独裁政治批判や自由化を求める発言を行った。これに危機感を感じた毛沢東は「ブルジョワ右派分子」による政権転覆の陰謀があると断じ,一転して弾圧を指令。55万人もの知識人が右派のレッテルを貼られて職を失い,労働改造所などに送られた。これ以後学校では政治思想教育の徹底がはかられ,「民主諸党派」は完全に無力化した。また中国共産党への批判は不可能となった上に,党内部でも毛沢東への個人崇拝が絶対化されたため,無謀ともいえる大躍進運動に道を開くことになった。なお,右派とされた人々の大部分は文革終結後にようやく名誉回復されたが,反右派闘争自体は正しく必要なものであったと中国共産党により総括されている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反右派闘争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反右派闘争の関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎フラー(Curtis Fuller)マキノ雅広森一生石井桃子内田吐夢加藤泰黒澤明コーマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation