@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反復強迫【はんぷくきょうはく】

大辞林 第三版

はんぷくきょうはく【反復強迫】
精神分析の用語。幼児期の外傷体験を、意識することなしに行動で反復すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

反復強迫
はんぷくきょうはく
repetition compulsion英語
Wiederholungszwangドイツ語
compulsion de rptitionフランス語
S・フロイトによる精神分析用語。被分析者が精神分析の過程で、幼児期のある対象関係を想起するかわりに、行為・行動でそれを分析者に向ける衝動現象のことをいう。たとえば、分析者に対し反抗的で攻撃的な態度をとり続ける人は、気づかないうちに幼児期の内的な体験(両親との葛藤(かっとう)体験)を再現していることになる。このように、幼児期に理解されないまま体験されたものは、成長したのちにも強迫的に反復されるのである。
 反復機制は、過去の対象関係が抑圧されたものであり、自らが不愉快な状況にたたされるにもかかわらず、無意識のうちに繰り返されるが、自らはその原因が現実的な状況のなかにあると思い込み、解決がみいだされるまで反復されるという特徴をもっている。この機制が不愉快な体験(人間関係がいつも同じ不快な結果になる)を伴いながらも、なぜ、ある個人により反復されるのかについては十分に解明されていない。なお、本人がなぜこのような行為・行動をとるのか、その意味を理解させるため、分析者は解釈を行うことになる。[成田 猛]
『小此木啓吾・岩崎徹也・橋本雅雄・皆川邦直編『精神分析セミナー フロイトの治療技法論』(1983・岩崎学術出版社) ▽西園昌久著『精神分析の理論と実際 神経症編』(1975・金剛出版) ▽牧田清志・黒丸正四郎監修、黒丸正四郎・中野良平訳『アンナ・フロイト著作集2 自我と防衛機制』(1982・岩崎学術出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反復強迫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反復強迫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation