@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反芻類【ハンスウルイ】

デジタル大辞泉

はんすう‐るい【反×芻類】
偶蹄(ぐうてい)目反芻亜目哺乳類総称。草食性で、反芻胃をもつ。上あごの門歯はなく、下あごの犬歯が門歯のようになっている。シカキリンなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんすうるい【反芻類】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

反芻類
はんすうるい
ruminants
哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目反芻亜目に属する動物の総称。この亜目Ruminantiaの仲間は、純草食性で、走るのに適した長く伸びた中手骨、中足骨をもち、食物を反芻する進化した偶蹄類である。胃は四室に分かれ、食道から第1、第2胃のわきを通り第三胃に通ずる食道溝を備えていて、第1、第2胃を経て口に戻され、そしゃくし直された食物を、直接第三胃に送ることができる。四肢が長く、とくに前肢の膝(ひざ)状の部分(手根部)から下の第三および第四中手骨、および後肢のかかとから下の第三、第四中足骨は長く、大部分が合一して各1本の管骨となり、第二および第五中手骨(および中足骨)は退化し、しばしば消失する。第一中手(中足)骨はない。上顎(じょうがく)の門歯(切歯)は退化して第一、第二門歯を欠き、多くは第三門歯もない。臼歯(きゅうし)は繊維の多い食物をそしゃくするに適した歯冠部が高い長歯で、硬いエナメル質の部分が発達し、歯質の部分に複雑に入り込んでいる。そのため歯の頂上に4個のエナメル質の模様がみられ、それらが半月に似ているため「月歯(げっし)」とよばれる。月歯はほとんどこの類に固有である。頭骨では鱗骨(りんこつ)と外後頭骨の間に乳様骨が露出する。上顎に第一、第二門歯があり、下顎の犬歯が牙(きば)状、角(つの)がなく、第三胃が管状で内部に弁がほとんどないラクダ下目(核脚下目)Tylopodaと、上顎に門歯がなく、下顎の犬歯が門歯状で、多くは枝角、洞角(どうかく)などの角をもち、第三胃が大きく、多数の弁を備えた真反芻下目Pecoraの二下目に分けられる。後者は、第二胃から口に送られ十分そしゃくしたのち第三胃に送られた食物のうち、そしゃくが十分なものとそうでないものを多数の弁でより分け、そしゃくが足りないものは第一胃へ戻す。ラクダ下目にはラクダ科、真反芻下目にはマメジカ科、シカ科、キリン科、プロングホーン科、ウシ科が含まれる。なお反芻亜目を真反芻下目に限ることがある。[今泉吉典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はんすう‐るい【反芻類】
〘名〙 偶蹄目の哺乳類に属する動物のうち、純草食性で食物を反芻するものの総称。反芻亜目に分類される。シカ、キリン、ウシなど。〔生物学語彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反芻類」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反芻類の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation