@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

反陽子【はんようし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

反陽子
はんようし
反核子」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はん‐ようし〔‐ヤウシ〕【反陽子】
陽子質量などは同じであるが、磁気モーメント符号が逆の粒子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

素粒子事典

反陽子
記号電荷質量スピンパリティ寿命分類
p ̄-1938 MeV1/2とても長い重粒子
★記号★

陽子の反粒子。陽子や中性子と出会うと消滅していくつかのパイ中間子になる。クォークの構成:地上には存在しない。宇宙からは少し飛んで来る。加速器で作ることにより発見された(1955年)。

出典:素粒子事典
(C) Copyright 1996-2010 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はんようし【反陽子 antiproton】
陽子の反粒子。したがって陽子と同じ質量,スピンをもち,質量数は-1,負の電荷,陽子と同じ大きさで逆符号の磁気モーメントをもつ。ふつうで表される。陽電子の発見(1932)以来,反陽子の存在は理論上予想されており,1955年アメリカのカリフォルニア大学(バークリー)で加速器により実際につくり出された。一般に反陽子は高エネルギーの素粒子反応で生成され,物質中の陽子または中性子と衝突して消滅し,数個(平均約5個)のπ中間子となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はんようし【反陽子】
素粒子の一。陽子の反粒子。記号 p  スピン・質量は陽子と同じだが、陽子と異なって負の電気素量をもち、磁気モーメントの符号も陽子とは逆である。1955年発見。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

反陽子
はんようし
antiproton
素粒子の一つでアンチプロトンともいう。陽子の反粒子で質量は陽子に等しく、電荷は負で大きさは陽子のそれに等しい。スピン1/2でフェルミ‐ディラック統計に従う。
 相対論的場の量子論によれば、すべての粒子には反粒子が存在するので、理論的にはその存在は予言されていたが、1955年アメリカ、カリフォルニア大学のベバトロン(陽子加速器の一種)で人工的に創造され確認された。物質中の反陽子は陽子・中性子と対(つい)消滅してπ(パイ)中間子などに転化する。[益川敏英]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はん‐ようし ‥ヤウシ【反陽子】
〘名〙 陽子の反粒子。陽子と同じ質量をもち、負の電荷をもつ素粒子。陽子と衝突すると、両者の質量分に相当するエネルギーを爆発的に発して両者の質量は消失する。一九五四年宇宙線中に発見、五五年、カリフォルニア大学の核破壊装置ベバトロンによって人工的に作られた。アンチプロトン。〔世界を変える現代物理(1963)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

反陽子
ハンヨウシ
antiproton

陽子の反粒子.すなわち,荷電の符号と磁気モーメントの向きが逆なだけで,質量,電荷量は陽子とまったく同一である.と表す.Emilio SegrèとOwen Chamberlainが,カリフォルニア大学バークレー校の陽子シンクロトロンBevatronの6.5 GeV 陽子ビームで銅のターゲットを衝撃してつくり出した(1955年).加速器で新粒子をつくり出した最初のケースである.この功績で,SegrèとChamberlainはノーベル物理学賞を受賞した(1959年).その後,創生期の宇宙の状態を探ることを目的とする気球観測で,宇宙線中に反陽子が数多く観測されている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

反陽子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

反陽子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation