@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

収益【しゅうえき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

収益
しゅうえき
revenue
企業が外部に商品を引き渡したり,サービスを提供することにより,対価として受け取る金額企業が主たる営業活動の結果として獲得する売上高と,それに付随する活動から生じる受取配当などのような営業外収益から成る。企業の利益は,1期間の収益の金額から費用の金額を控除して計算されるため,収益は利益計算における重要な概念である。収益は現金収入と混同されやすいが,たとえば商品を掛けで販売したとき代金が未回収であっても,売上高という収益が計上されることからも明らかなように,両者は別個の概念である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅう‐えき〔シウ‐〕【収益】
事業などによって利益を得ること。また、その利益。「収益をあげる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典

収益
収益とは、企業の営業活動により実現した価値の増加を言います。資本取引以外の取引で、資産を増加もしくは負債を減少させます。売上高・収益はの計上は、実現主義が適用されます。その一方で請負工事の場合の工事振興基準や割賦販売における販売基準など実現主義を適用しない場合もあります。

出典:(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」

大辞林 第三版

しゅうえき【収益】
利益をえること。また、その利益。
企業の営業活動などによって縛られた経済価値。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐えき シウ‥【収益】
〘名〙 事業などによって利益をおさめること。また、その利益。税法上は益金という。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収益」の用語解説はコトバンクが提供しています。

収益の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation