@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

収穫【シュウカク】

デジタル大辞泉

しゅう‐かく〔シウクワク〕【収穫】
[名](スル)
農作物をとりいれること。また、とりいれたもの。「収穫が多い」「収穫の秋」「米を収穫する」
何かをすることで得られた成果。「たいした収穫もなく取材から帰る」
[補説]書名別項。→収穫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅうかく【収穫】[書名]
前田夕暮の処女歌集。明治43年(1910)刊行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しゅうかく【収穫】
スル
農作物をとりいれること。また、とりいれた物。とりいれ。 大豆を-する -期
ある事をして得た有益な結果。成果。 みるべき-もなく帰る
新たに出現して、すぐれたものと認められたもの。 今期の-は、この小説だ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

収穫
しゅうかく

農作物を田畑から取り入れること。収穫の方法は、作物の種類や利用目的により、また地域の気候、風土によって異なるが、一般的には農業技術の進歩につれて、手作業から畜力利用、そして動力機械へと変化してきた。従来、農作業のうちで収穫はもっとも多くの労力がかかる過程であったが、今日では収穫技術や収穫機械の進歩によって、労力を削減して経営を合理化することができるようになった。また収穫の適期を逃さずに作業できるようになり、このため高い収量と優れた品質の収穫物が得られるようになった。

 イネを収穫する方法は、東南アジアでは穂だけを摘み取る穂刈り法が広く行われており、日本でも平安時代ころまでは穂刈りであった。これは各地の神事によって今日まで伝えられている。日本では近年まで、鎌(かま)で株を地際(じぎわ)から刈り取り、束ねて乾燥し、脱穀していた。脱穀は、穂からもみを取り落とす作業で、原始的方法としては棒でたたいたり、人力や畜力による踏圧が行われるが、現在ではおもに自動脱穀機が使われている。刈り取り作業については、近年、刈り取りから結束までを一度に行う刈り取り結束機(バインダー)が普及し、ついで自脱コンバインが開発され、急速に普及した。コンバインは刈り取りと同時に脱穀をも行い、その後、乾燥機でもみを乾燥させる。コンバインは、手刈りの約50倍の作業能率を有する。ムギ類やマメ類など他の穀物でも、それぞれ専用のコンバインがあり、アメリカなどの大規模な栽培地では超大形のコンバインによる収穫が行われている。牧草の収穫も、現在では機械化が進んでいる。トラクターに装着したモーア(草刈機)で刈り倒し、レーキで集める。乾草もレーキで集めて、ヘーベーラーによって圧縮梱包(こんぽう)し、ベールローダーで拾い上げて運搬車に積み上げる。サイレージ用には、フォレージハーベスターを用いて刈り取り、細断から積み込みまでを一貫して行う。チャ、ワタ、タバコなどは摘み取り法による。チャは従来の手摘みから、鋏(はさみ)摘み、機械刈りに進歩した。アメリカではワタの収穫の際、不要の葉を薬品であらかじめ枯らし、落葉させてから、綿花だけを機械収穫する方法が発達している。品質を重視するタバコや果菜類、果実類などでは、いまなお主として手摘み作業によっているが、ジュース用トマトなど加工原料用の場合には機械化されている。また、最近では、収穫機械にあうように、作物を改良する育種も行われている。

 いもや根菜類の収穫法は、原始時代の掘り取り棒から鍬(くわ)や鋤(すき)へと発達し、現在は動力による種々の収穫機が開発されている。たとえばジャガイモの収穫に使うポテトハーベスターは、掘り取りから、いもを土砂や茎葉と分離し、選別して袋へ収納するまでの作業を一貫して行う。蓮根(れんこん)では、水を噴出させて土をはじき飛ばし、収穫物に傷をつけないで掘り取る機械が使われている。このほかゴムやウルシなどで行われる樹皮に傷をつけて汁液を掻(か)き取る方法など、特殊な収穫法もある。

[星川清親]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅう‐かく シウクヮク【収穫】
〘名〙
① 農作物のとりいれ。また、とりいれたもの。
※令義解(718)田「年終省挍量収穫多少。附考褒貶」 〔後漢書‐何敞伝〕
② ある事から得た成果。ある事を行なって、その結果得たもの。多く、よい結果の意に用いる。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉二「俸給を受取った人々の顔付は又格別であった。〈略〉労働(はたら)いて得た収穫を眺めた時ほど愉快に感ずることは無いのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

収穫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

収穫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation