@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受入順排架法【うけいれじゅんはいかほう】

図書館情報学用語辞典

受入順排架法
固定排架法の一つで,資料を,主題に関係なく,受入順に排架する方法.資料の形態や大きさ別に受入順に排架するのが普通である.この方法は,書架上の位置が固定するために,スペースを節約でき,排架調整の手間もかからないが,分類順の排架のように書架上で資料の検索ができないという不便さがある.したがって,主題検索のための手段が不可欠であり,かつ,検索した資料を求めるためには,書架の上でいろいろな場所を探さなければならないという欠点がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受入順排架法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受入順排架法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation