@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受入順記号【うけいれじゅんきごう】

図書館情報学用語辞典

受入順記号
図書記号一種で,同一分類記号を持つ複数の資料に,受入に一連番号を付与していく単純な記号.これを付与することによって請求記号の完全な個別化が可能となる.しかし,受入順という偶然的要素に依存する,複本や継続ものの処理が難しい,付与時に最終の図書記号を確認する必要があるなどの欠点がある.著者記号表が出現するまでは多くの図書館で採用されていたが,利用の増大閲覧方式変化に対応できなくなり,現在ではあまり利用されていない.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受入順記号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受入順記号の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation