@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受容器【じゅようき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

受容器
じゅようき
receptor
レセプターともいう。刺激を受入れて最初に応答する細胞あるいは細胞の特定部位をいう。外界あるいは体内からの刺激を感として受取るには,受容器を介して神経が刺激される必要がある。温覚触覚,圧覚,痛覚などの受容器が皮膚に密に分布しているほか,眼,耳,鼻,には視覚聴覚嗅覚味覚の受容器がある。感覚刺激だけでなく,特定のホルモン薬物などを受容する細胞もあるが,この場合は,その細胞の細胞膜上に特定の物質と結合しやすい物質 (おもに蛋白質) があって,ホルモンなどと結合する。この物質は受容体と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅよう‐き【受容器】
動物体の、刺激を感受する細胞や器官。外界からの刺激を受ける外受容器と、体内で発生する刺激を受ける内受容器とに分けることもある。レセプター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅよう‐き【受容器】
〘名〙 動物体が刺激を受容する細胞や器官の総称。外界の刺激を受けとる外受容器と、体内で生ずる刺激を感じる内受容器とがある。実行器(作働体)の対語で、一般に感覚器とほぼ同じ意味に用いる。摂受体。〔人体の機能(1952)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受容器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受容器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation