@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受益者負担原則【じゅえきしゃふたんげんそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

受益者負担原則
じゅえきしゃふたんげんそく
benefit principle
特定土地改良工事,港湾事業,下水道事業などの公共サービスにおいて,その事業によって利益を受ける者が特定できる場合には,受益の度合いに応じた費用負担を受益者に求めるべきであるという考え方。これらの事業においては,公共部門の行う公共サービスの便益が特定のグループや地域にかたよっている場合が多い。したがって,(1) 公共サービスの供給に価格機能に似た受益者負担の仕組みを使うことで便益と費用とが対比されることになって,資源の効率的配分をもたらす。 (2) 所得再分配の観点から必要なものは別として,特定の個人の受取る公共サービスの便益はその個人によって負担されるのが公平である。 (3) 租税負担感が重い場合には受益関係が明白である負担は社会的に受入れられやすいなどの理由で,この原則が正当化される。 (→公費負担原則 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じゅえきしゃふたん‐げんそく【受益者負担原則】
公共サービスなどの事業によって利益を受ける人が、利益の度合いに応じて、その事業にかかる費用を負担すべきであるという原則。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受益者負担原則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受益者負担原則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation