@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受益証券【ジュエキショウケン】

デジタル大辞泉

じゅえき‐しょうけん【受益証券】
証券投資信託貸付信託受益権を表示した証券広義には、信託契約上の受益権を表示した証券一般をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

受益証券

契約型投資信託における、投資信託の保有者である受益者の受益権を表わす証券のこと。現在は投資信託振替制度が導入されており、投資信託の受益証券はペーパーレス化されているので、実際には口座管理機関等の振替口座簿上で受益権は担保されている。

出典:(社)投資信託協会

世界大百科事典 第2版

じゅえきしょうけん【受益証券】
信託契約上の受益権を表示する証券。狭義では証券投資信託または貸付信託の受益権を表示する証券をいう(証券投資信託法5条,貸付信託法2条2項)。【黒田 満】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じゅえきしょうけん【受益証券】
証券投資信託や貸付信託の運用による利益分配を受ける権利を表示する証券。有価証券の一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

受益証券
じゅえきしょうけん
信託契約に基づく受益者の地位、すなわち受益権を表章する証券の意味である。個別信託を前提とする信託法の原則からは受益権を有価証券化するという構想は出てこない。しかし特別立法により「投資信託及び投資法人に関する法律」の第6条と貸付信託法第8条は、投資信託と貸付信託については無記名式の受益証券の発行を認めており、その場合の受益権の譲渡ならびに行使は受益証券をもってしなければならない、と規定している。そして金融商品取引法第2条は、有価証券の定義のなかにこの受益証券を加えている。これら受益証券は受益者の請求により記名式とすることもでき、記名式を無記名式とすることもできるが、記名式受益証券は受益権を表示する証拠書類にすぎず、その譲渡は民法第467条に従って会社に通知し名義変更しなければ効力を生じない。現在では、証券投資信託は無記名式、貸付信託は記名式を原則としている。[後藤 猛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅえき‐しょうけん【受益証券】
〘名〙 広義には信託証書を証券にしたもの。狭義には証券投資信託および貸付信託の運用から生じた利益の分配を得る権利を表示した証券。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受益証券」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受益証券の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation