@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

受身【うけみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

受身
うけみ
柔道で,相手からどのように投げらても,また自分で倒れても,安全に身体を制御できる方法。けが防ぎ,楽に倒れる基本動作であるが,同時に技全体の上達も助ける。柔道練習は受身の修得から始まるが,その場合うしろ受身,横受身,前受身の行ない最初は低い姿勢から穏やかに始め,次第に早く,強く,かつ姿勢を高め,さらには前後左右へ移動して行なうなど程度を高めて完全な受身にする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受身
うけみ
受動態」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うけ‐み【受(け)身】
攻撃されて、もっぱら防ぐ立場にあること。「鋭い追及にあって受け身に回る」
他から働きかけられるだけで、こちらからは積極的に出ない、消極的な態度・ようす。「受け身の学習は自分のためにならない」
柔道で、投げられたり倒されたりした際、けがをしないように腕で床を打ったりして衝撃をやわらげて倒れる方法。「受け身をとる」
文法で、主語が他からの動作・作用を受ける意を表す言い方。文語では、動詞の未然形助動詞」「らる」(古くは「」「らゆ」)、口語では助動詞れる」「られる」を付けて言い表す。受動態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

受身
うけみ

柔道の基本動作の一つ。相手から投げられたり、倒されたり、自分で倒れたりした場合に、自分の身体を安全に扱う方法である。とくに、投げ技においては受身の練習から始めることが効果面と安全面からたいせつである。受身を習得することによって、身体の自在な動きや投げ技の上達がなされ、柔道技能全体を伸ばすことができる。なお、受身には、後方へ倒れる場合の後ろ受身、側方へ倒れる場合の横受身、前方に倒れる場合の前受身の3種がある。

[竹内善徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うけ‐み【受身】
〘名〙
① 攻撃されて、防ぐ立場になること。攻撃に対して守る態勢をとること。うけだち。うけかた。
※浄瑠璃・信州川中島合戦(1721)五「ひかば付入る請身の勝」
② 他からの力を身に受けること。
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論後編「どう突請身(ウケミ)は五臓金鉄にや有ん」
③ (形動) 自分から積極的に出ないで、他からの働きかけを受けること。消極的なさま。受動的。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉三「受身の私徳を以て世の文明を助け」
④ 柔道、相撲などで、投げられた場合や自分から倒れるとき、苦痛をやわらげ、けがを防ぐために用いるわざ。
⑤ 文法用語。ある動作、作用について、それを受けるものを主語として述べること。受動態。所相。〔語法指南(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

受身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

受身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation