@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

叙事演劇【じょじえんげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

叙事演劇
じょじえんげき
Episches Theater
E.ピスカートルが提唱し,B.ブレヒトが引継いで独自に発展させた演劇論。感情よりもむしろ理性に訴える演劇。アリストテレス以来のドラマの概念感情移入であり,観客を劇のなかの行動に,あるいは劇中の人物に同化させようとする意図をもって仕組まれてきた。これに対して感情の不確かさの反省のうえに立ち,観客を同化させるのではなく,異化させるのが事演劇である。叙事演劇では,現実の断片あるいは諸事実が舞台の上で提示され,観客はその事実を客観に異化しながら考え,判断する。舞台を現実らしく見せるための劇的幻想 (イリュージョン) は否定され,俳優も,単に役になりきるのではなく,役の人物を劇全体のなかで客観的に眺め,意識的・批判的にとらえることが要求される。舞台装置はきわめて単純で,スクリーンプラカード,あるいはバラード風の歌で状況を客観的に説明することによって,観客の同化を妨げ,異化効果をあげる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょじえんげき【叙事演劇 Episches Theater[ドイツ]】
しばしば〈叙事的演劇〉とも訳される。なお,これを〈叙事詩(的)演劇〉と訳す場合もあり,言葉だけからいえばそのような訳も可能ではあるが,〈叙事詩〉の語が強く古典的な文学上の概念そのものを想起させるので,以下に述べるようなこの演劇理念の本意を考えるならば,〈叙事詩(的)演劇〉の訳語はふさわしいとはいえまい。 Episches Theaterという言葉は,1920年代に従来の感情移入に基づいた〈劇的〉な演劇では扱いきれぬ政治的な主題を扱うために,E.ピスカートルの叙事的要素への注目に刺激されたB.ブレヒトが,自己の演劇を特徴づけるために意識的に用いるようになったものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

叙事演劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

叙事演劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation