@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ジョ】

デジタル大辞泉

じょ【叙〔敍〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジョ(呉) [訓]のべる
順序立てて述べる。「叙景叙事叙述自叙直叙倒叙平叙
官位を授ける。「叙位叙勲叙任昇叙追叙
(「」の代用字)思いを述べる。「叙情
[名のり]のぶ・みつ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょ【叙】
〘名〙
① 物事の順序。順位。しだい。また、官位などを授けること。
※続日本紀‐慶雲三年(706)二月庚寅「於律雖除名之人六載之後聴叙之文。令内未除名之罪限満以後応叙之式。冝議作叙之条
② =じょ(序)③〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ‐・する【叙】
〘他サ変〙 じょ・す 〘他サ変〙
① 爵・位・勲等・官等などを授ける。
※今昔(1120頃か)二二「祖父の大領は四位に叙して、修理の大夫になむ被成たり」
※平家(13C前)二「同三年四月十三日、正二位に叙せらる」
② 文章や詩歌に述べあらわす。
※菅家後集(903頃)「奉臣家集之御製、不韻、兼叙鄙情
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉第一板「その詳は次に叙するが如し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じょ‐・す【叙】
〘他サ変〙 ⇒じょする(叙)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

叙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation