@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口があく【くちがあく】

精選版 日本国語大辞典

くち【口】 が あく
① はれ物の上皮が破れてうみが出る。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 就職先、官位などであきができる。空位空席が生ずる。
③ 手がかりがつかめる。端緒が得られる。
※半七捕物帳(1925)〈岡本綺堂〉一つ目小僧「なにしろ一つ目小僧をさがしあてたので、それから口(クチ)があいて、ほかの奴等も片っ端からみんな御用になってしまひました」
④ いよいよ事が始められる。皮きりがすむ。
※日葡辞書(1603‐04)「アキナイノ cuchiga(クチガ) aita(アイタ)
⑤ 弁解ができる。言訳ができる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一一「何うして、何といはれても、世間にゃあ口(クチ)が開(ア)かないのよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口があく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口があくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation