@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

口実【コウジツ】

デジタル大辞泉

こう‐じつ【口実】
言い逃れや言いがかりの材料。また、その言葉。「病気を口実に欠席する」「口実を与える」「口実をさがす」
日ごろよく口にする言葉。言いぐさ。
「朝暮の―として誦しける」〈今昔・一五・四三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうじつ【口実】
責任のがれや弁解のための理屈。また、いいがかりの材料。 うまい-を作る -を設けて欠席する 保護を-に侵入する
いいぐさ。よく口にする言葉。 朝暮の-として誦しける/今昔 15

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐じつ【口実】
〘名〙
① 生活するのに必要なもとで。糊口の資。口すぎのもと。〔後漢書‐劉般伝〕
② もの言いをする材料とするもの。いいぐさ。かたりぐさ。また、よく口にすることば。
※三教指帰(797頃)上「非只蛭牙之為一レ誡、余亦充身之口実矣」
※今昔(1120頃か)一五「浄心信敬 不生疑或 不堕地獄 餓鬼畜生 若在仏前 蓮花化生 と云ふ文を朝暮の口実として誦ける」 〔春秋左伝‐襄公二〇年〕
③ 言いわけや言いのがれの、あるいは非難、攻撃などの言いがかりの材料。また、そのことば。
※拘幽操辨(1686)「武王があの口実の言をみなんだか」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一二「プロベブルな〔ほんとらしい〕口実(コウジツ)を設けて」
④ 食べ物。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)三・秋半樵夫来売松蕈大可豆子索価甚貴戯賦「口実細思殊小事、忍遅数日賤如泥」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

口実」の用語解説はコトバンクが提供しています。

口実の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation